2011年05月16日

幼稚園と小学校の連携

最近では、幼稚園と小学校が連携しているのですってね。
全体の34.2%の幼稚園が小学校と相談し、教育課程を決めていると、新聞に掲載されていました。

理由は・・・

「小学校の新入生が授業中に騒ぐのを防ぐため。」

ですって。(^^;)

この「縦割り日本」で、横に繋がることはとっても良いことだと思うのですが・・・
理由が、なんともショボイ。

授業中に騒がせない為って・・・(汗)
今の教育現場って、そんなに堕落してるんですか?

子供のことを思い、小学校と幼稚園が連携していると思って「う〜ん、良いことだな〜」と読み進めていたら・・・
先生が授業を苦無く進行したいが為ですか?

単に、大人の都合じゃないですか。(呆れてものも言えない)


私の子供の頃を思い起こすと、学校の授業がまともだった記憶は・・・あまりないんですよね〜。
小学低学年の授業中、国語の先生と黒板に似顔絵を書きあったり・・・
社会の授業の時間に、校庭でなぜか走ったり・・・
とにかく、笑いながら授業をした記憶があります。

また、よく先生に叩かれた記憶もあります。
厳格な先生の場合は、廊下にバケツを持って立たされたり、正座させられたり・・・

中学時分では、「ゴリン!」という体罰がありました。
よっぽど悪いことをした生徒は、体育教官室で髪をバリカンで刈られる。
それが5厘刈りなので、「ゴリン」です。(^^;)

中学時代は教師に、こっぴどくヤラれました。
往復ピンタなんて当たり前で、髪を掴んでピンタをするので、髪の毛がゴッソリ抜けるんです。
だから、往復ピンタされて倒れて、先生を見上げると、グーに握った先生の手に私の髪の毛がゴッソリ。
((°°;))))ブルブル

小学生の時も似たような感じだったと思います。

今・・・
こんな体罰があったら、新聞に載るぐらいの大騒ぎですかね?
言葉で、「このアホ!」と言っただけで、大問題になるのかもしれませんね。

だから、授業の収拾が付かないのかな?

今の先生は、なすすべなく、子供が騒ぐのを見ているだけなのかも・・・(^^;)
そんな現状が「幼稚園と小学生の連携」なんていう事になったんだと、想像が付きます。

でも、小さいころから大人の都合で騒がないようにする教育をするとなると・・・
なんだか小さい子供を大人の型にハメてしまうようで個人的に嫌ですね。
子供の個性を削ぐような気がしてなりません。

昔、授業って先生も結構いい加減だった気がするんです。
やたらと「自習」が多かったですし・・・
先生も、かなりくだけてました。

それに悪いことをしたら必ず叩かれました。
悪い事して、叩かれて、立たされて、子供が後悔して悔い改める。
自分の子供の頃を思い返してみると、とっても大切な事のように思います。

学校でその過程が無くなってしまうと、子供はどこで後悔すればいいのだろう。

うちの子供には・・・
悪いことをしたら学校の先生にバンバン体罰をしてもらいたいなぁ〜。


posted by はるお at 09:28 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

SAMBA TEMPERADO

最近、事務ワーク中にPCから音楽を聴きながら、仕事をしています。
でも、便利な世の中ですよね。

ユーチューブで、聴きたい曲を検索して、いつでも好きなときに聞ける。

「ハッ」と、あの曲聴きたいと思っても、チョチョイのちょいで。
しかも無料。


今、事務ワーク中ですが・・・

「あ、あの曲聴きたい」となぜか突然思い立ち、ユーチューブで聞いています。


この曲を聴くと、必ず哀愁を覚えるんですよね〜。(^^;)



そうです。

あの宮崎アニメの最高傑作の一場面で使われたBGMです。(^^)


なぜ哀愁を感じるのかは・・・
宮崎アニメオタクであれば、分かる筈です。(笑)


 

posted by はるお at 16:30 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕入れ情報

そういえば、このブログ・・・

「新規仕入れ情報をいち早くご紹介!」とか
ここでしか得る事が出来ない鎌倉市の分譲住宅や売り地の先取り情報があったりします。 」とか命題打っておいて

全く持って、紹介していませんでしたね。(^^;)

と言うことで、現在、仕入れ状況をお知らせいたします。
今後販売予定の物件でご紹介できるのが・・・

■逗子市小坪
交通/JR横須賀線「鎌倉駅」「逗子駅」共に2000m
種目/建築条件無し売地
区画/全4棟
価格/未定
面積/100平米〜120平米
販売開始/7月末日
(※価格設定は、2000万円台の半ばになると思われます。)

■鎌倉市由比ガ浜
交通/JR横須賀線「鎌倉駅」徒歩16分
種目/由比ガ浜新築分譲「第二期」工事
区画/全3区画、残り2区画
価格/未定
面積/104平米〜143平米
価格/未定
販売開始/7月末日
(※建築前での土地での販売も可能です。)


その他では・・・
現在、鎌倉市内の駅徒歩圏内にて、2件の購入を検討しており、また、大船徒歩圏内で2件の購入を検討しています。
ご紹介できるようになりましたら、順次本ブログにUP致します。


posted by はるお at 10:43 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

鎌倉市二階堂の売り地

当社売主の鎌倉市二階堂の売り地。
全2区画のうち、No2がご成約となりました。

販売直後に、ご購入を検討して頂いていたお客様がおられ・・・
様々なご要望をお伺いし、お客様のご要望に合うよう区画や計画変更を繰り返し・・・
ご成約に向けて、今の今まで打ち合わせを進めて参りましたが・・・
ご家族にご事情により、結局、ご購入をご辞退なされました。

その直後の、他のお客様からのお申し込みです。

1ヶ月以上、打ち合わせをしていたので、ズンと落ち込むところでしたが・・・
良かったです。

ということで、残り1宅地です。
http://www.heisei-shonan.co.jp/u-nikaidou.htm

価格は、2880万円
土地面積は、51.57坪ですので、坪単価55.8万円となります。
交通は、鎌倉駅からバス便となりますが、鎌倉宮の横にある分譲地の一角で、雰囲気がある立地です。

鎌倉で数少ない、50坪超で2000万円台の売り地です。

建築条件はありませんので、お好きなハウスメーカーで建築が可能です。
もちろん、当社でもご予算に合わせて、建物をお請け負いいたします。

駐車場2台分の造成と上下水道の引きこみは売買価格に込みとなりますので・・・
単純に30坪の家を坪単価50万円で建てたとすると4380万円でフリープランのマイホームを取得することが可能です。

その他、登記費用や銀行借り入れ手数料等の諸経費は、ざっと150万円ほど。
当社へ直にお申し込み頂ければ、仲介手数料が不要です。

ご興味がある方は、是非、一度現地をご覧下さい。
メールや電話でお問合せ頂けましたら、ご自宅までお迎えにあがり、現地をご案内致します。
常時、ご案内受付中です。

また、当インターネットでお申し込み頂き、本物件をご成約頂いたお客様には、6月末日までに限り、長期優良住宅を標準としてご提供いたします。

詳しくは、合わせてお問合せ下さい。
posted by はるお at 20:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

原子力の巨大利権

今、利権政治家を区別するのは、とっても簡単ですね。

原子力の停止を批判している方々は、まず十中八九、利権にまみれていると思って間違いないです。

今後30年以上、周囲30キロ圏内は廃地になるといわれていて、放射能の人体の影響は10年先に現れるんです。
今、数十万人に及ぶ広域の人々を非難させ、今後、人体を苦しめ続けるだろうと思われる状況下で・・・

「原子力は、絶対に必要!」

というのだから、よっぽどです。
今、この現状で、そこまで原子力にこだわる理由を一人一人聞いてみたいですね。


テレビで、某評論家が「原子力廃止なんて、ナンセンスだ!」と言い切っていました。
彼の言い分はこうです。
----------------------------------------------------------------------------------
自動車が普及してから、すでに1000万人近くが交通事故で命を落としている。
だけど、自動車を廃止しようとは誰も言わない。
原子力も同じだ。
自動車事故よりもはるかに犠牲者が少ないのに、やめるという論理がばかげている。

プルトニウムが自然を破壊するという人が居るが・・・
自動車の排気ガスのほうが自然を破壊している。
原子力悪説は成り立たない。
----------------------------------------------------------------------------------

すごいですね。

交通事故は、一対一の論理です。
それを、一対「世界」に当てはめているのが凄い。

原子力は、一つの事故で世界を巻き込むのに・・・。

浜岡原子力発電所がある御前崎市。
ここの市長もあからさまですね。(^^;)

停止決定に対して・・・
「地元の意見を聞いていない決定だ!」
「雇用や地元商店街に大きな影響が出る!」

ですって。
市民の命よりも、金ですか。


日経新聞の川上未映子さんのコラムにこんな言葉がありました。
-------------------------------------------------------------------------------------
「健康にはただちに害は無い」という政府の発表に「ただちって何だよ?」と突っ込むのにも・・・
東電が重要な会見ほど深夜に行う事への不信と嫌悪感を持つことにも・・・
そしてテレビに出演している誰一人として、東電をまともに批判しない/できない構造的な問題にも・・・

何か思うことにも段々疲れて、確実に慣れてしまっている。

ちょっとやそっとの事では、もうこれまでと同じような反応が出来なくなっているのだ。

生活の力というのは強大だ。
食べて動いて寝るというサイクルは、どんな非常実態でもやがて丸呑みしてしまう。
-------------------------------------------------------------------------------------

原子力は、反対とか賛成とか言う前に・・・

人は、生きて行く上でリスクを背負わない社会を構築しないといけないと思うんです。
人は、動物です。
クマや鹿と同じで、自然が無ければ生きて行けません。

原子力は、「不自然」の典型です。

原子力を認める事は、人間自身が不自然なものだと認めることになり・・・
リスクとは、人間そのものなのではないかと思えてきて・・・

なんだかとっても怖いですね。
posted by はるお at 19:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。