2011年06月03日

政治の責任?

不信任騒動から一夜明け・・・

各新聞の見出しは・・・

「菅降ろし再燃」
「参院に首相問責決議案」
「延命でさらに混乱」
「党内亀裂深刻化」

ネガティブなものばかり。

もし・・・
ここで、マスコミ各社が・・・

「信任され、復旧にまっしぐら!」
「菅総理の任期中で支援に道筋!」
「これで、小沢派も鳩山派も従うしかない!」
「自民党の無力浮き彫り、党首交代論が噴出す!」

という報道をしたならば・・・

少しは、政治が前向きになり、復興支援も早く進むはずなんだが。

ネガティブな報道は、世の中を暗くします。
その暗さが、今の政治の混迷につながっている。

マスコミは、日々、国が明るく元気良くなるように前向きな報道を心がけたら、どうなのだろうか?


復興の政策が遅いと言うが・・・
遅くなっている理由は、政治家が過去ばかりに囚われているからに他ならない。
そして、それを求めているのはマスコミです。

一々、細かく過去を振り返り、掘り起こす作業は、物凄く時間も労力も使う。
それを、なぜ、今、政治家に求めてるのだろう?

わざわざ、政治家を足枷で縛り付けて・・・
「もっと速く進め!」
と言っているのだから・・・

たちが悪い。



posted by はるお at 09:31 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。