2011年01月23日

香川真司

「決定力不足」

この言葉・・・
日本サッカーの代名詞です。

もう、どのくらい言われ続けてきましたっけ?
長らく聞いてきたので、当たり前のようになっていますが・・・

一昨日の日本代表は、凄かったですね。

久々に、日本代表の試合をみて興奮しました。
いつも寝静まっている隣の家から、3点目のゴール直後、大歓声が上がったほどです。(笑)

香川真司と岡崎慎司、凄かったですね。
この二人、躊躇がない。

ボールを持っても持たなくても、ゴールへ突進する。
その姿形は、もう日本人のサッカーでは無く・・・
2人だけ、欧州の一流をみているかのよう。

新聞には、香川の持ち味に「鋭さ」「速さ」「判断力」と上げられていた。
的外れだな〜と思う。
「鋭さ」や「早さ」だけなら、誰でも持っているんですよね。

それだけなら、野人岡野ですよ。

彼の凄さは、「直観力」と「決断力」。
パッと浮かんできたイメージを瞬間に決断できる能力。

今までの代表選手は、ボール持つとキョロキョロして前を向けなかった。
持った時点で、考えてる。
で、考えがまとまらないから、パスする先を探す。

香川は、ボールを持つ前から躊躇がない。
ゴールへと向かい、シュートするスペースをこじ開ける。

その姿は・・・
アジアNo1と言われるマンチェスターユナイテットの朴 智星をも凌駕するのではないか?
動きは2人とも似てますね。
顔も似ているから面白い。(^^;)

しかし、久々に、日本代表の試合で、感動しました。
これがサッカーですよ。サッカーの醍醐味ですよ。
香川がゴール前でボールを持ったら、見ているほうが心躍る。
凄い選手が居たもんだ。


ドルトムントで活躍する前は、正直、香川なんていう選手は、個人的に全く知りませんでした。
無名に近かったんじゃないかな?
マスコミも、本田ばかりで、全然追っかけていなかったはず。(気のせいかな?)

それを、J2のセレッソからドルトムントが引き抜いた。
ドルトムントの千里眼にも、脱帽だ。



posted by はるお at 13:27 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。