2009年08月28日

ベランダ床グレーチング

以前に、FRPグレーチングの話をしましたが・・・

先日、施工が完了しました。
数社の中から選んだのはグレーチングのカワグレ(http://www.kawagure.co.jp/

電話対応が良かったのと、直接取引に応じてくれたから。
(他社は、卸会社を通さないとNGだった)

サイズは、長さ4400×幅1100。
ロングスパンは運搬も大変だし、製造コストも高いので2200×1070を2枚注文。
材料費(送料込み)で、おおよそ10万前後です。


使用する先は、当社注文住宅の鎌倉市玉縄の新築現場
031.jpg

通路が狭く、玄関下の採光が厳しいので、その上にあるバルコニー床に本製品を使います。

問題は、どういう風にグレーチングを止めるか?
私と大工の棟梁と設計の善波で、一週間ぐらい勘案。

FRPグレーチングは、スチールと違って、一部分に力が加わると弱いことが判明。
また、スチールのように長尺で飛ばすことができません。
飛ばせるのは最大で、1m程度。(支えが無い間隔のこと)

そこで、長さ4400mmのステンレス製のLアングルを製作し、両サイドに壁に打ちつけ
その上にFRPグレーチングを乗せることにしました。

板金屋さんが製作するので、善波さんが手書きの製作図を作成。

004.jpg

Lアングル部分の拡大はこんな感じです。

002.jpg

そして・・・
完成しました。

028.jpg

上から見ると、下がスケスケです。
019.jpg

FRP自体、グレー色ですが、白っぽく見えて、外壁の白にとてもマッチしました。
なかなか、おしゃれですね。

020.jpg

Lアングルとの収まりもすっきり。
大成功です。

030.jpg


FRPグレーチングは、スチール製と比べて、重量が半分以下。
耐久性も劣らず、現場加工もできて、とってもお勧めです。

価格も、スチール製も見積もったのですが大体同じでした。

なかなか、面白い建材です。
今後、活用して行こうと思います。


ただ・・・
スカートをはいてベランダに出るときは、注意です。(^^;)





posted by はるお at 11:34 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。