2011年01月11日

豆乳の効能

朝の豆乳
朝のヨーグルト
朝のキューイフルーツ

これをやると胃腸の調子がすこぶるいいと言いました。
また、暴飲暴食をしても太らない。

自分の経験則からですが・・・
「なんでいいのかな?」と思い、ちょっとWEBで調べてみました。

豆乳の元となる大豆は、言わずと知れた「健康食品の王様」です。
しかし、大豆は植物繊維が多く、体内に入ると植物繊維と一緒に多くの栄養素が排便されてしまいます。
それが豆乳に加工することで、激変します。
植物繊維だけが「おから」として取り除かれ凝縮された栄養分だけが残り、なんとその栄養分の人体吸収力は95%を超えるそうです。

大豆には、人体に必要とされる20のアミノ酸の全てが含まれています。
体の中で造れない必須アミノ酸9種も全て備わっているんです。

イソロイシン・ロイシン・パリンは、BCAAと言われるボディービルダーが好んで摂取するエネルギーで・・・
リジンは、人体の成長に必要なアミノ酸
メチオニンは、免疫力を上げるアミノ酸
スレオニンは、体をやわらかくするアミノ酸
トリプトファンは、記憶を良くし、抗うつ作用があるアミノ酸
ヒスチジンは、神経を鋭くし、集中力や記憶力を高めるアミノ酸
フェニールアラニンは、やる気を出させるアミノ酸
グルシンは、肝臓を助け、肌を美しくするアミノ酸
アラニンは、肝臓機能を改善させるアミノ酸
セリンは、肌の水分を保つための重要な保湿成分。
シスチンは、肌を白くするアミノ酸
アスパラギン酸は、エネルギーを作り出すアミノ酸
グルタミン酸は、脳の伝達を助けるアミノ酸
アスパラギンは、エネルギーを作り出すアミノ酸
グルタミンは、疲労回復を助けるアミノ酸
アルギニンは、筋肉増強、血流改善のアミノ酸
チロシンは、ストレスを除き脳を活性化させるアミノ酸
プロリンは、皮膚を活性かさせるコラーゲンの主成分

アミノ酸は個々に凄い効能を持っています。
それらを無駄なく全て摂取できるのが豆乳なんです。

それでいて、コレステロールゼロ。
超低カロリー。

その他、ビタミン類を豊富に含んでいます。
さらにカルシウムやマグネシウム等のミネラル類も豊富に含んでいる。
さらさらに・・・

イソフラボン(がん予防・更年期障害の緩和・骨粗しょう症の予防)
レシチン(善玉コレステロールの増加)
サポニン(抗酸化作用)
等々・・・

なんと、生活習慣病にも絶大な効果を発揮するんですね。

どうです凄いでしょ?
豆乳!!

毎朝飲むことで、体が動き、脳が働き、血行も良くなる。
病気の予防も出来て、肌がきれいになる。


豆乳は、まぎれも無く、朝には最強の飲料なんです。
私が愛飲しているのが、紀文の特濃豆乳

tokunou.gif

最初はすこぶる不味いですが、なれると美味しく感じるから、人間って不思議です。
ちなみにオーケースーパーで180円前後です。(^^)

つづく


posted by はるお at 09:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。