2011年01月20日

大寒

1月20日。
一年で一番寒い時期がやってきました。
「大寒」というんですってね。

この時期になると、無垢の家は、いたるところで「パキッ」「ミシッ」と音を発します。

今朝、起きて・・・
目覚まし時計に内蔵されている湿度計を見たら・・・
なんと、28%! (□°;)

体に良いとされている湿度が55%前後ですから、極限の乾燥状態ですね。

「そういえば、昨晩、ニュースで乾燥注意報がでいたなぁ〜。」
そう思いながら・・・
なんとか暖かい布団から這い出て・・・
洗面に向かうと・・・

廊下の床が「ミシッ!」と小気味よく鳴りました。

床はナラの乱尺の無垢フローリング。

ナラは「反らない」「縮まない」といわれていますが、日本の多様の湿度環境下では、その体をなさないようです。

乾燥すると、木は反る性質を持っています。
板を火にくべると反り返りながら「パキパキ」と音を立てるのを見たことがあると思います。
あれと同じで、薄い板は、急激に乾燥をさせると、横や縦にそるんですね。

住宅に使われる材料は、人工的に乾燥された材料ばかりなのですが・・・
木の幹は、元々根から葉に水分を運ぶ役目を担っているので、水分を吸収する力に優れているんですね。
だから、人口乾燥させられた木材は、カラッカラの状態で、水分を吸収したくてしょうがない状態といえます。

夏場、80%を超える湿度の中、無垢の家は空気中の湿気を吸い込み、蓄えてしまうんです。
そして、冬場また乾燥する。

だから、繊維の密度が高い広葉樹の床も、乾燥時に夏場溜め込んだ水分を一気に奪われ、反るんです。
反った部分を足で踏むと「床鳴り」となるわけです。


洗面所で顔を洗い、リビングへの階段を登ると、「バキッ!」と大きな音が鳴りました。
階段踏み板は、反らない縮まないの赤タモの集成材です。

集成材、お前もか。(^^;)

私の体重が重いせいもあるかな・・・。(現在90kg一歩前)


当社が建てる住宅は、無垢を多く使いますが合板や集成材も使っています。
床の下地も、合板です。

でも、建築家の伊藤誠康さんが携わっている雑誌「チルチンびと」等で建てている家は、一切の合板や新建材・接着剤を許さないそうです。
床は杉板の捨て張りをして、そのうえに杉の無垢床を釘打ちのみ。
断熱材は羊毛。
階段・窓枠・建具・全て無垢。
壁は、漆喰や土壁。

全てが、吸湿性にすぐれ、呼吸をする。
つまり、全てが伸びチジミするわけで・・・

固定してある柱は、そりを起こすと割れます。
材木が割れると「バキッ「ミシッ」という乾いた音が、壁の中や天井裏から聞こえる。
これを、アホな霊能者は心霊現象などと言うんですが。(笑)

チルチンの家は、この時期「ラップ音」するだろうな〜。


一昨年の夏に完成した我が家は、2年目の冬を迎えました。
2年目は、家の構造部分のラップ音は殆どなくなりましたが、一年目の冬は、家中がバキバキと音を立てて凄かった。
とくに、明け方の乾燥する時間に「バキッ」「バキッ」と音を立て、その音で目を覚ます。(苦笑)

あまりの様子に妻が・・・

「ここはバッキンガム宮殿か!」

と、おどけていたのが懐かしいです。

我が家は予算が無く、小屋裏にグリーン材を使ったのも、バッキンガム宮殿になった原因だとおもうのですが・・・
どうやら、2年目で乾燥しきったようです。

日本の冬は、自然の乾燥装置ですね。

※グリーン材とは、含水率が25%以上の材木。


posted by はるお at 15:21 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

遊び心

遊び心がある家は、住んでいても、来客しても面白いです。

何か一つ、新築住宅に「やってみようかしら!?」という・・・
自分の思いを入れ込むと、それが味となり、親しみとなります。

トイレの壁紙を遊んだり・・・
キッチンの袖タイルを焼き物に奮発したり・・・
ニッチを造って、飾りだなにしたり・・・

床の間に以前の家で使っていた床柱をつけたり・・・
自作のステンドグラスをはめ込んだり・・・
キッチンを家具工事にしたり・・・

丸い窓を入れたり・・・
ポーチを自然石にしたり・・・
駐車場に枕木を埋め込んだり・・・


先日、私の先輩が家を建てると言うので相談を受けたとき、こんな事を言いいました。

「家のリビングを吹き抜けにして、その壁をロッククライミングができるようにしたい。」

おお、面白い!
それは、面白い。

内壁を化粧合板で仕上げて、そこにホールド金具をつける。
horu.jpg

色とりどりで、使い方によってはとってもきれいです。
しかも・・・
こんなカワイイホールドもあるんです。
horu2.jpg
子供が喜びそう。(^^)

リビングが、こんな空間にはや変わり!
rokku.jpg

いいな〜
私も自分の家にやってみたい。

発想って凄いです。
自分の家ですから、なんでもありです。
やろうとすれば、なんでもできるんです。

でも、奥様の了解なくしては・・・
難しい・・・のですが。(^^;)
posted by はるお at 09:07 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

住宅模型

建築家の伊藤先生より・・・
「由比ガ浜の模型が出来た。」とメールがありました。

現在当社が建築している鎌倉市由比ガ浜の建売物件の模型です。(当社売主で未発売)

yui-0114_2.JPG

去年お会いした時に「今、模型造っているんですよ〜」とは聞いていたのですが、年明け早々出来上がるとは思っていませんでした。
なにせ伊藤先生は、当社以外で3件ほどの建築設計を抱えていてとってもお忙しい。(^^;)

模型を造る目的は、「現場からの質問事項に瞬時に答えたいから。」だそうです。
平面からだと、やはり収まりをイメージする時間が掛かります。
立体模型があることで、その時間を短縮することができるんですって。

できれば、当社に欲しいのですが・・・
伊藤さん曰く「何年か経って補修やその他相談があったときに、模型があると細かい部分を思い出せるので」身近に置いておきたいんですって。

うちも同じの造るかな〜。
でも、結構費用がかかるんです。
自分で作る技術はないし。(^^;)

それにしても、建売住宅で模型を作るなんて・・・
他業者は100%ないでしょうね。
というより・・・
建売住宅で建築家が設計すること自体、無いか。

正面の写真
yui-0114_1.JPG

上部の写真
yui-0114_3.JPG

裏側の写真
yui-0114_4.JPG

建物は、とっても個性的で、そして自然素材をふんだんに使っています。
コストは、そこいら辺の建売住宅の倍!

でも、ここは鎌倉。
日本でも5本の指に入る歴史と環境の都市。

海まで1分、由比ガ浜の海がリビングから見えて・・・
JR鎌倉駅まで徒歩15分。

個人的に、その住環境に見合う家でなければならないと思うんです。

(^^)
posted by はるお at 10:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

鎌倉市二階堂解体工事

鎌倉市二階堂で分譲予定土地の古家解体工事が始まりました。

nika-0108.JPG

場所は、鎌倉宮の横の住宅街に位置します。
古家はかなり大きく、離れもあり、一昔前の「お屋敷」といった感じ。

解体費用だけで、ざっと200万円を超えました。(TT)

それにしても・・・
解体される家は、いつ見ても哀愁が漂いますね。(^^;)

nika-0108_2.JPG

今まで、住んでいた人を40年近く守ってきた家です。
きっと色々な人間模様を見てきたことでしょう。

私は、解体現場に立ち会うと、必ず思い出す情景があります。
10年ぐらい前・・・
当社が個人の方から購入した不動産で、引渡しの日、古家の立会いをした時のことです。
一人でその家に住んでいた80歳ぐらいの所有者のお婆ちゃんが、「ちょっと時間を下さい」と言い・・・

曲がった腰に手をやりながら、家の柱、一本一本にお別れを言ったんです。

「長い間、有難う。」
「今まで、本当に有難う。」

30分ぐらい掛けて、家の柱、一本一本をシワクチャの手でやさしくさすりながら・・・
柱に「ピタッ」とほっぺたを付けて・・・涙しながら・・・

突然の出来事でしたが、私と他の業者、そして息子さんとその家族が6人、あまりの光景に立ち尽くしながら、30分無言で待ちました。
皆、もらい泣きしながら。

「家というのは、これほど人と係わり合いが深いものなんだな。」

と、その時「ビルダーとしてしっかりしなきゃアカン!」と思ったんです。

我々は、建物を建てる商売ですが、10件建てるとすると、そのうち半分は解体を伴います。
だから、その都度、あのお婆ちゃんを思い出し・・・
壊れていく家に「ご苦労様」と声を掛けるんです。

そして、新しく建てる家は「住む人の身体の一部になるような、別れ惜しい家。」にしようと思うわけです。
posted by はるお at 16:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

豆乳・ヨーグルト・キウイの三位一体

長々と、私の朝食メニューの効能をお話していますが・・・

最後が、キウイフルーツ。
キウイに含まれている養分は下記のとおり。

タンパク質
炭水化物
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン

亜鉛

マンガン
βカロテン
ビタミンE
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ナイアシン
葉酸
ビタミンC
パテトン酸
アクチニジン
植物繊維

殆どが、豆乳と重なります。
特筆すべきが「ビタミンC」と「アクチニジン」と「植物繊維」

キウイは、豆乳で補えないビタミンCの補助食です。
レモンの含有率には負けますが、キウイ一個で一日に必要なビタミンCが賄えてしまいます。
また、果物の中で植物繊維がトップクラス。
その量は、かぼちゃに匹敵するほど。

体が程よく豆乳の栄養分を吸収したあと・・・
胃の中でビタミンCタップリの果肉を消化し植物繊維だけとなったキウイが、ヨーグルトで活性化した腸を洗浄して排泄物を体外に出してくれる。

さらに、肉好きの人にはキウイに含まれる「アクチニジン」という成分が朗報です。
この成分は、タンパク質の分解酵素で「肉」の消化を早めてくれるとのこと。

つまり、悪玉菌が大好きな肉をいち早く消化できるというわけです。

キウイは、他のフルーツと比べて、剥きやすく食べやすい。
一年中手に入るし、しかも安い。


私は、毎朝、豆乳を350mℓ(大型のコップ一杯)飲んで・・・
お茶碗一杯のヨーグルトに一個のキウイフルーツを切って入れ、そこにオリゴ糖を掛けて食べています。
あとは、今の時期はリンゴ半分。夏は梨。秋は柿。

これで、朝から目がパチッとします。

試してみてください。

posted by はるお at 09:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。