2010年12月19日

何でも数字にしたがる官僚

------------------------------------------------------------------------------
数字の教育を受けてきた人たちが国のトップだから・・・
何でもかんでも統計をとって数字にしたがる。
そして、成績をランク付けされてきた年代だから、なんでもランキングを付けたがる。
------------------------------------------------------------------------------

これは、今の日本の中枢の人たちに対する某知識人の話。

数年前から、文部省は、全国公立の小中学生を対象にした全国体力・運動能力・運動週間等調査なるものを行っています。
いわゆる、全国体力テストです。

握力・上体起し・前屈・反復横飛び・持久走・20mシャトルラン・50m走・立ち幅跳び・ハンドボール投げの実技と、生活習慣・食習慣・運動習慣などについてのアンケートを全ての国公立で実施し、発表するというものです。

その結果を、都道府県ごとに纏めて、数値化して、ランクを付ける。
そして、全国平均値を下回る都道府県には、体力向上を促すこころみだそうです。

・・・
そんなもの、数値にする必要あるのかしら?

だって、誰がどう見たって落ちてるでしょ。
子供の体力は。

「25年間で50メートル走が0.3秒遅くなってる」って言われてもね。(失笑)

遊ぶところがドンドンと狭く少なくなっていて・・・
無差別に危害を加える事件が多発している世の中・・・
子供を狙う犯罪も多く・・・

そんな中、ソフトボールの投げる距離を測って、なんになるんだろう?

こんな解りきった調査に大金を掛けるんだったら、学校教育を塾が不要になるように改善するとか、子供に対する犯罪を抑えるとか、そっちの方に費用と人員を使って欲しいと、思うんです。

近くに「安全」で「広大で自然溢れる」公園があったら・・・
そして、塾なんて行かなくて済む教育になったら・・・

子供は、自然と体を動かして遊びますよ。

簡単な事でしょ?

数字を追っても、なんも変わらないですよ。



posted by はるお at 10:44 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。