2010年12月09日

ゲームが日本を滅ぼす

グリーやモバゲーといった携帯電話用のゲーム配信会社が、飛ぶ鳥を落とす勢いで売り上げを上げています。

配信しているゲームは、はっきり言ってそんなに面白いものではありません。
会社立ち上げ当初、「こんなつまらないゲームを無料配信して利益が出せるはず無い!」と言われていた数々です。
我々年代から言わせると、いわゆる「クソゲー」というものです。(^^;)

簡単に言うと「暇つぶし」程度にしかならないものです。

しかし、この「暇つぶし」が、今の若者のハートを掴んで離さない・・・

電車に乗ると、携帯を開いて、「チクチク」とキーを叩く人が殆ど。
車内では、逆に携帯を見ていない人の方が珍しいぐらい。
通勤電車などは、学生から社会人まで、携帯の画面に夢中。
唯一携帯を見ていないのは、お年寄り。

ある日の朝・・・
東京に取引があり、通勤電車に飛び乗りました。
隣の若者が携帯に夢中。
メールをしているのかと思い携帯をチョコっと覗き込んでみると、ゲームをやっています。(^^;)

大船で乗って、東京まで。
満員電車の中、片時も離さず、そのゲームに夢中。

年齢は、30歳ぐらいかな?

「さあ、これから一日仕事をするぞ!!!」という朝。

普通であれば・・・
新聞を読んで、世の中の経済やニュースを把握したり・・・
今日一日やらなければいけない仕事の思い浮かべて、頭の中で如何に効率よく進めるか組み立てる。

のですが・・・

今の若者は、その時間をゲームに当ててしまうんですね。

このゲームによる暇つぶし、実はとっても危険な行為だと、個人的に思うんです。

「空いた時間」というのは、人にとってとても大事。

この時間は、本来自分を見つめなおしたり、将来や未来を考える時間でした。

帰宅中の電車の中は、疲れて虚ろ虚ろしながらも一日を振り返ったり・・・
今日一日の自分の行いを反省したり・・・
明日はどうしてくれようと考えたり・・・
週末の休日は、何をしようかなとニヤケたり・・・

しかし、この時間を今の若者は、ゲームで潰してしまう。

私も以前、携帯ゲームの「トルネコの大冒険」に大ハマリした口でして・・・
空いた時間にゲームをし始めると、もう止まりません。

仕事中だろうが、就寝前だろうが、ゲームが気になってしょうがない。
少しの時間でも、携帯を取り出してそこにゲームを差し込もうとしてしまう。
昼食中でも食べながらゲーム、車の運転中でも信号待ちの僅かな時間でも携帯に手を伸ばしてしまう。

これは、よく言われるゲーム脳とかゲーム中毒というヤツですね。
つまり、ゲームは、考える暇を与えてくれないんです。

日本大学の教授曰く「ゲームをしている間、人間の脳波は認知症患者と同じ」なんだそうです。
また「脳の情動抑制や判断力などの重要な機能を司る前頭前野にダメージを与える」とも言っています。

経験則から言って、私もそう思います。


携帯ゲーム会社は、ドンドンと利益を上げ、ドンドンと膨れ上がっています。
その利益に比例して、若者たちはドップリとハマッて行っている訳です。

「今の若者は、向上心も野心も行動力も構想力もない。」
「ゆとり教育の弊害だ。」

なんて言いますが・・・
たぶん、個人的に世の中をこれほど悪くしたのは、ゆとり教育じゃなくてゲームなんじゃないのかな?
少なくとも、若者の覇気を奪い取っているのは、100%ゲームだと思うんですよね。


今の若者に声を大にして言いたい。

「暇」はとっても大事です。この大事な「暇」をゲームに費やしたらダメ!
ゲームは、何か自分に与えてくれますか?
ゲームは、人生を助けてくれますか?

仮想の空間に引き込むだけで、現実とはドンドンと乖離していくだけのツールで、虚脱感しか得られませんよ!

戦わなきゃ!現実と!(by役所広司)


グリーの利益が115億円、モバゲーの利益が113億円なんてニュースを見るに付け・・・

私は、「ああ、また若者の魂がゲーム会社に吸い取られてた。(涙)」と、思うわけです。


posted by はるお at 10:30 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。