2010年12月04日

相続税の非課税枠が減額される

なんだかやけに忙しなくなってきたと思ったら・・・
いつの間にか、12月なんですね。

今年のもう1ヶ月を切りました。

師走はいっつもバッタバタで、今年も例年と同じく数日前からドタバタしています。

現在建築中の材木座の注文住宅は、今年中に引渡しをしなければならないのですが、おおよそ半月程度、工事が遅れています。
お客様の引越し日が決まっているので、どうにか24日に完成させないと。(^^;)

その他に・・・
藤沢市村岡東の3棟現場も今年中に着工しなければならないですし、由比ガ浜の5棟現場も来年初旬に上棟できるまでに持っていかなければならないですし・・・

二階堂の2区画の当社購入の引渡しがあり、これの計画も一刻早く進めないとダメですし・・・
植木のビル設計があり・・・
管理物件の更新が年末に5件・・・
立ち退きが1件・・・
立ち退き絡みの相談事が1件・・・
仲介物件の相談が1件・・・

ジェラートの持ち帰り箱のデザイン考察・・・
パンフレット作成・・・
ワッフルの売り出し・・・

う〜ん、年内に全て段取りして片付けなければ。フン(`3´)=3
頑張ろう。


そんな、バタバタの中、気になるニュースを目にしました。

「政府税調が相続税の非課税枠を縮小する方針を固めた。」というもの。

今まで、相続税は5000万円以下は非課税としてきました。
それにプラスして、一人頭1000万円の控除があるので・・・

相続人1人:6000万円
相続人2人:7000万円
相続人3人:8000万円
相続人4人:9000万円

この金額以下のものは、現金だろうと土地だろうと株だろうと、全て非課税だった訳です。
だから、お父さんが7000万円の遺産を残して亡くなったとしても、母一人子一人で相続しても税金は掛からなかったんです。

今回税調は、この5000万円という基準値を3000万円に縮小するとのこと。
つまり来年から・・・

相続人1人:4000万円
相続人2人:5000万円
相続人3人:6000万円
相続人4人:7000万円

となります。
・・・そうすると、上記パターンの親子の場合、2000万円は課税対象となりますので、200万円の税金を払わなければならなくなります。
また、今後、相続税の税率も上げるのではと言われています。

現行の相続税率は・・・

1000万円以下:10%
3000万円以下:15%
5000万円以下:20%
1億円以下:30%
3億円以下:40%
3億円以上:50%

これは、控除後の相続額に乗じます。
上記パターンの親子の場合、妻1000万円・子1000万円が控除後の相続となりますので・・・

妻1000万円×10%=100万円
子1000万円×10%=100万円

合わせて、200万円となります。

これが、たとえば5%づつ上がったとすると・・・

妻1000万円×15%=150万円
子1000万円×15%=150万円

100万円も余計に税金を払うことになりますね。(^^;)

実際は、高額相続人を対象に10%程度のUPに抑えるのではないかといわれていますが・・・
どうなることか。

注目です。


posted by はるお at 14:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。