2010年12月04日

相続税の非課税枠が減額される

なんだかやけに忙しなくなってきたと思ったら・・・
いつの間にか、12月なんですね。

今年のもう1ヶ月を切りました。

師走はいっつもバッタバタで、今年も例年と同じく数日前からドタバタしています。

現在建築中の材木座の注文住宅は、今年中に引渡しをしなければならないのですが、おおよそ半月程度、工事が遅れています。
お客様の引越し日が決まっているので、どうにか24日に完成させないと。(^^;)

その他に・・・
藤沢市村岡東の3棟現場も今年中に着工しなければならないですし、由比ガ浜の5棟現場も来年初旬に上棟できるまでに持っていかなければならないですし・・・

二階堂の2区画の当社購入の引渡しがあり、これの計画も一刻早く進めないとダメですし・・・
植木のビル設計があり・・・
管理物件の更新が年末に5件・・・
立ち退きが1件・・・
立ち退き絡みの相談事が1件・・・
仲介物件の相談が1件・・・

ジェラートの持ち帰り箱のデザイン考察・・・
パンフレット作成・・・
ワッフルの売り出し・・・

う〜ん、年内に全て段取りして片付けなければ。フン(`3´)=3
頑張ろう。


そんな、バタバタの中、気になるニュースを目にしました。

「政府税調が相続税の非課税枠を縮小する方針を固めた。」というもの。

今まで、相続税は5000万円以下は非課税としてきました。
それにプラスして、一人頭1000万円の控除があるので・・・

相続人1人:6000万円
相続人2人:7000万円
相続人3人:8000万円
相続人4人:9000万円

この金額以下のものは、現金だろうと土地だろうと株だろうと、全て非課税だった訳です。
だから、お父さんが7000万円の遺産を残して亡くなったとしても、母一人子一人で相続しても税金は掛からなかったんです。

今回税調は、この5000万円という基準値を3000万円に縮小するとのこと。
つまり来年から・・・

相続人1人:4000万円
相続人2人:5000万円
相続人3人:6000万円
相続人4人:7000万円

となります。
・・・そうすると、上記パターンの親子の場合、2000万円は課税対象となりますので、200万円の税金を払わなければならなくなります。
また、今後、相続税の税率も上げるのではと言われています。

現行の相続税率は・・・

1000万円以下:10%
3000万円以下:15%
5000万円以下:20%
1億円以下:30%
3億円以下:40%
3億円以上:50%

これは、控除後の相続額に乗じます。
上記パターンの親子の場合、妻1000万円・子1000万円が控除後の相続となりますので・・・

妻1000万円×10%=100万円
子1000万円×10%=100万円

合わせて、200万円となります。

これが、たとえば5%づつ上がったとすると・・・

妻1000万円×15%=150万円
子1000万円×15%=150万円

100万円も余計に税金を払うことになりますね。(^^;)

実際は、高額相続人を対象に10%程度のUPに抑えるのではないかといわれていますが・・・
どうなることか。

注目です。


posted by はるお at 14:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

なんでも情報開示

ウィキリークスでの国家機密情報の情報漏えいが問題となっていますが・・・

昨今は、何でもかんでも「ガラス張り」にしたがる傾向がありますね。
良いことだとは思いますが、度を越えてしまうと日本の「察する」文化が消えてなくなってしまいそうで心配です。

度が超えているといえば・・・
丸山和也

友人の官房長官との電話のやり取りを、何を思ったのか国会で「ガラス張り」
友人と思って話した内容までリークされた仙谷官房長官は「あいつはいい加減なヤツだ!」と激怒。

そりゃ、激怒しますわな。

それだけならバカな政治家だで、終わるんですが・・・
丸山は「俺はいい加減じゃない!」と逆切れして、なんと一国の多忙を極める官房長官を・・・
民事と刑事で「自分を侮辱した。」として告訴・・・

丸山和也!
お前、何しに政治家になったんだ。
おのれの給与は、我々の一生懸命働いて払っている金なんだ!(▼▼#)

そんな「うわべだけ」の争いを、国民は誰一人望んでいない。

法律家として官僚組織と堂々と渡り合って、官僚の悪行を次々に訴えんかい!
もう、子供の喧嘩のような「政治ゴッコ」はやめてくれ!

しかし、マスコミ的なパフォーマンスに走る議員ばかりだ。

あんなの選んだ有権者は、恥じるべきだ。
どこの選出?

自民党の比例区だったっけか。

比例区じゃ、どうしようもない。

元をたどれば・・・
選挙方式に、重大な問題があるんじゃないか?

posted by はるお at 09:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

鎌倉山LeMilieu(ル・ミリュウ)

広尾や恵比寿界隈で「絶品モンブラン」で名高いパティスリー「ラ・プレシューズ」
http://www.la-precieuse.com/

そのオーナーパティシエ山川隆弘さんが、鎌倉山に新規店舗をオープンしました!

その名も『le・milieu』、ルミリュウorルミリューと読みます。
OPENは2010年11月25日。

日経新聞で数少ない三ツ星を取った「モンブラン」「プリン」が、鎌倉に来たんです!!!

これは、食べに行かないわけには行きません。( ̄¬ ̄)
場所は、檑亭(らいてい)の並びです。
lemileu3.JPG

鎌倉山特有の崖地に、そびえ建っています。
入り口は、看板も無く、一見なんのお店か全く解りません。
lemileu4.JPG

唯一の看板がこれ。
lemileu5.JPG

この写真は、開店前の早朝撮影したもの。
10:00ごろなので、まだ朝の日です。

訪れたのは、夕方。
lemileu8.JPG

凄い夕日。
しかも、鎌倉山の谷あいから、稲村の海が見えます。
逆光なので、写真の写りが悪いですが、絶景です!
個人的に、鎌倉の数ある店舗の中でも、3本の指に入るほどの絶景店舗だと思います!

お店は、なんともオシャレ!
lemileu6.JPG

空中に浮かぶよう(^^;)
お店の中も、とてもお金が掛かっていて・・・
コーヒーや紅茶も飲める。

lemileu10.JPG

お客様はひっきりなしに訪れてきます。
夕方の暗くなり始めぐらいでしたが、常時10人以上の客が出入りしています。
ショーケース内はこんな感じ。
lemileu7.JPG

おお、有名なモンブランもプリンもありますな。
周囲のお店に比べるとちょい高め。

うちの妻が注文したのは、タルト・ミルフィーユ、そしてモンブラン!
あとはコーヒーと紅茶。(2人なのになぜ3つも!!!)

しばらく、絶景テラス席で待っていると・・・
lemileu9.JPG
(写真右下は、妻と我が子です)


来ました!
で、食べました。

・・・
・・・
・・・
う、
う、
うまいっ!!!

モンブランは・・・栗です。
栗そのものです。

こんな、栗の味がするモンブランは食べたことない。
栗の香りが、鼻から「スー」っと抜けていく。
そして、甘くない。(□°;)

ミルフィーユ、これも美味い。

特に驚いたのが、タルト!
我が人生36年間、今まで食べたケーキのなかで、一番感動した。(かも)
5種類のフルーツが乗っていて、もぎたてのような新鮮さ。

鎌倉にあるケーキ屋さんのケーキは、殆ど食べたと思いますが・・・
これは、ずば抜けてる・・・

あまりに美味しすぎて、写真を撮り忘れた。(TT)

お土産にかったモンブランの写真でご勘弁を。m(_ _)m
lemileu.JPG

lemileu2.JPG

解りますか?
本物の栗をすり潰した様子が。

うちの母親曰く
「普通の店のモンブランは芋なのよね。だから偽なの。ここのモンブランは、本物の生栗つかってるわ!凄い手間だわね。」

鎌倉の新名所の誕生ですね!!!
posted by はるお at 15:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。