2010年12月10日

ほっともっと黒酢豚弁当

最近、自分のブログを読み返してみると、なんだか世の中に批判めいたモノばかりですね。(^^;)
ご覧になっているお客様からも「もうこの際、柳さん不動産屋やめて政治家になれば?」なんて言われるぐらい、世の中の悪口ばかり・・・(TT)

しかし、政治家なんていう職業は、野心とお金が無いとできません。

私は、根っからのAB型で「究極の事なかれ主義」です。
お金は、全く持っていません。
そして、末っ子なので争いごとが大嫌い。

日々、おかげさまで忙しく働いていますが・・・
基本、ラクして生きていきたい性質(たち)でして。(^^;)
争いごとばかりの政治家とは、真逆の人間だったりします。

あんな魑魅魍魎の世界に身を置いたら、たぶんあっという間に人間が崩壊すると思います。

そう考えると、大阪の橋下知事は、凄いですよね。

たしか、幼少の頃に土木作業員の父がガス爆発で他界してるんですよね。
その後、母親一人が一生懸命働いて家族を養った。
極貧生活の中、彼は早稲田大学に入学して弁護士となり、タレントとして開花。
一説には、「年1億円を稼ぐ」とまで言われるようになり、その優雅な環境をあっという間にかなぐり捨てて政界入り。
今では日本で一番期待される政治家といわれ、地方最大の赤字財政を切り盛りしながら、7人の子育てをしている。

バイタリティー一つで、地方や国とやり合ってる。

こんな凄い人も世の中に居るんです。
きっと、近い将来、日本の総理大臣になるでしょう!
彼だったら、今すぐにでも、なったらいいのに。

「おぼっちゃま」と言われて育ってきたボンボンばかりの政界を、木っ端微塵にしてほしい。

と・・・、いつの間にか、また批判じみたブログになりつつありますね。(^^;)
え〜っと・・・
話を変えまして・・・

最近、お昼をほっともっとで済ませています。
その中で、とっても美味しい弁当を発見しました。
それが、これです!
subuta.JPG

黒須豚弁当!
480円なり!
http://www.hottomotto.com/menu/list/view.php?mid=257447

今まで食べた市販弁当の中で、一番美味しい逸品です。
おかずのバランス、味、揚げ物の種類、抜群。

オススメの逸品です。



posted by はるお at 09:33 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

ゲームが日本を滅ぼす

グリーやモバゲーといった携帯電話用のゲーム配信会社が、飛ぶ鳥を落とす勢いで売り上げを上げています。

配信しているゲームは、はっきり言ってそんなに面白いものではありません。
会社立ち上げ当初、「こんなつまらないゲームを無料配信して利益が出せるはず無い!」と言われていた数々です。
我々年代から言わせると、いわゆる「クソゲー」というものです。(^^;)

簡単に言うと「暇つぶし」程度にしかならないものです。

しかし、この「暇つぶし」が、今の若者のハートを掴んで離さない・・・

電車に乗ると、携帯を開いて、「チクチク」とキーを叩く人が殆ど。
車内では、逆に携帯を見ていない人の方が珍しいぐらい。
通勤電車などは、学生から社会人まで、携帯の画面に夢中。
唯一携帯を見ていないのは、お年寄り。

ある日の朝・・・
東京に取引があり、通勤電車に飛び乗りました。
隣の若者が携帯に夢中。
メールをしているのかと思い携帯をチョコっと覗き込んでみると、ゲームをやっています。(^^;)

大船で乗って、東京まで。
満員電車の中、片時も離さず、そのゲームに夢中。

年齢は、30歳ぐらいかな?

「さあ、これから一日仕事をするぞ!!!」という朝。

普通であれば・・・
新聞を読んで、世の中の経済やニュースを把握したり・・・
今日一日やらなければいけない仕事の思い浮かべて、頭の中で如何に効率よく進めるか組み立てる。

のですが・・・

今の若者は、その時間をゲームに当ててしまうんですね。

このゲームによる暇つぶし、実はとっても危険な行為だと、個人的に思うんです。

「空いた時間」というのは、人にとってとても大事。

この時間は、本来自分を見つめなおしたり、将来や未来を考える時間でした。

帰宅中の電車の中は、疲れて虚ろ虚ろしながらも一日を振り返ったり・・・
今日一日の自分の行いを反省したり・・・
明日はどうしてくれようと考えたり・・・
週末の休日は、何をしようかなとニヤケたり・・・

しかし、この時間を今の若者は、ゲームで潰してしまう。

私も以前、携帯ゲームの「トルネコの大冒険」に大ハマリした口でして・・・
空いた時間にゲームをし始めると、もう止まりません。

仕事中だろうが、就寝前だろうが、ゲームが気になってしょうがない。
少しの時間でも、携帯を取り出してそこにゲームを差し込もうとしてしまう。
昼食中でも食べながらゲーム、車の運転中でも信号待ちの僅かな時間でも携帯に手を伸ばしてしまう。

これは、よく言われるゲーム脳とかゲーム中毒というヤツですね。
つまり、ゲームは、考える暇を与えてくれないんです。

日本大学の教授曰く「ゲームをしている間、人間の脳波は認知症患者と同じ」なんだそうです。
また「脳の情動抑制や判断力などの重要な機能を司る前頭前野にダメージを与える」とも言っています。

経験則から言って、私もそう思います。


携帯ゲーム会社は、ドンドンと利益を上げ、ドンドンと膨れ上がっています。
その利益に比例して、若者たちはドップリとハマッて行っている訳です。

「今の若者は、向上心も野心も行動力も構想力もない。」
「ゆとり教育の弊害だ。」

なんて言いますが・・・
たぶん、個人的に世の中をこれほど悪くしたのは、ゆとり教育じゃなくてゲームなんじゃないのかな?
少なくとも、若者の覇気を奪い取っているのは、100%ゲームだと思うんですよね。


今の若者に声を大にして言いたい。

「暇」はとっても大事です。この大事な「暇」をゲームに費やしたらダメ!
ゲームは、何か自分に与えてくれますか?
ゲームは、人生を助けてくれますか?

仮想の空間に引き込むだけで、現実とはドンドンと乖離していくだけのツールで、虚脱感しか得られませんよ!

戦わなきゃ!現実と!(by役所広司)


グリーの利益が115億円、モバゲーの利益が113億円なんてニュースを見るに付け・・・

私は、「ああ、また若者の魂がゲーム会社に吸い取られてた。(涙)」と、思うわけです。
posted by はるお at 10:30 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

お馬鹿さんたち

一芸に秀でるというのは、すばらしいことだと思います。

我々の建築の世界でも、一芸に秀でた人たちの集合体が家を建築していきます。
でも、往々に「三十四十、半人前」と言われるように、その一芸を極めるには、年輪を刻まなければなりません。

建築家などは「建築家は50歳から」とまで言われるぐらいです。
なぜ、年齢が関係してくるかと言うと・・・
芸に平行して「経験」が重要なんですね。

どれだけの事を経験してきたのか。
どれだけの失敗を重ねてきたか。
どれだけの苦悩と困難を乗り越えてきたのか。

その経験がなくては、一芸は一芸に過ぎません。

「一芸は万芸に通ず」という言葉がありますが、経験がなければ万芸には通じないわけです。


歌舞伎の御曹司が、ヤクザの友達とヤクザが所有するビルで、暴力事件を起こしました。
どうやら返り討ちに合ったようですが・・・
黒い交友がばれないように嘘の証言をして、また自分は手を出していないと言っているそうです。

まあ、まったく興味もなく、驚きもないのですが・・・
昨日、その御曹司の仲間の50歳の歌舞伎の大御所がこんな事をブログに書いたそうです。
----------------------------------------------------------------------------------------
彼は本当に強いです。
朝青龍関と腕相撲して引き分けたくらいです。
彼が手を出せば確実にやっつけられたと思います。
それを我慢した彼を、少し評価してあげてください。
----------------------------------------------------------------------------------------

・・・・(^^;)
この発言をみて唖然としてしまいました。
歌舞伎役者たちは、ここまで馬鹿なのか。
歌舞伎の世界を「浮世離れ」といいますが、精神もこれほど浮世離れしているものなのか。


まず、ヤクザ相手にやっつけたもくそも無いですね。
手を出した時点で、一般的にそこでジ・エンドです。とてつもないしっぺ返しを食らいます。
かれは、今そのしっぺ返しを受けているわけですが。

喧嘩が強い弱い・・・って、この手の発言は、中学生や高校生時分によく耳にしました。(苦笑)
何年ぶりに聞いただろうか。

朝青龍と腕相撲で引き分けたんですか。(汗)
う〜ん
それは、朝青龍の「気遣い」でしょうね。
ようは、海老蔵君の圧顔を立ててくれたんでしょうね。

私は、格闘技を18年間やっており、ウェイトトレも今まで欠かさず続けてますが、朝青龍どころか、十両の関取にも勝つ自身は無いです。
私も含め、ボディービルの友人やベンチプレス180kgを裕に持ち上げる人間が居ますが、一様に「無理だね」と口をそろえます。
それほど、朝青龍は超人なわけです。

海老蔵君は、体をウェイトトレーニングで鍛えて、ベンチプレスを120kg挙げるらしいですが・・・(笑)


まあ、どうでもいい話です。
ただ・・・
40年近くを歌舞伎という一芸に生きてきた人この発言。
あまりにもレベルが低い。

なにか歌舞伎の世界が透けて見えてしまったようで・・・(TT)

一芸に秀でることが、必ずしもすべてを補うわけではなく、偏った人間を作ってしまう事も往々にしてあるのだという事を改めて認識する機会となりました。

きっと、海老蔵君はこれが経験のひとつとなって、一芸の糧になることでしょう。
ちょっとは大人になるかな?
posted by はるお at 09:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

ソニーウォークマン

昔の音楽を振り返って纏めたい。

と、先日、思い立ったわけですが・・・

早速ipotを買いにヤマダ電気に行くと、思ったよりも高くてビックリ。
液晶付きのタイプだと、最も安いので13000円もする。

ipod・nanoという名前ですが、これは小さすぎて無くしそうな気がする。
その上位機種は、2万円を超える。

たかだかハードディスク付きの音源が、こんなに高いのか。
説明書を読むと、どうやら動画も保存して見れるらしい。
様々な(余分な)機能が付いているから、高いのか〜

音楽だけ聴ければ良いんだけれども・・・

売り場で、20分ほど買うか買わないか迷ってウロウロしていると、反対側の棚にソニーのブースがあることに気が付く。
同じポータブルオーディオプレーヤーが置いてある。
その名もウォークマン。

あの昔なつかしのウォークマンとは、似ても似つかないipotoの対抗日本製機種です。
http://www.sony.jp/walkman/lineup/#S

目を見張るのは、ipod・nanoと同性能機種の価格が、7000円台というところ。
「電化製品は、日本製!アメリカ製はすぐ壊れる」という時代に育ってきた私です。
すぐにソニーウォークマンの購入を決断!

で、選んだのがスピーカー付きのSシリーズ
http://www.sony.jp/walkman/products/NW-S750K_series/index.html

ヤマダ電機ではなく・・・
ネットの激安ショップで、13800円でゲット。

早速、昨日、手元に届きました。

nw-s754k.JPG

NW−S750K。小さくてオシャレ。
これに約2000曲もの音楽を保管でき、動画も30時間OK。
凄い世の中になったもんだ。(^^;)

さあ、いざ昔の曲をダウンロードしまくろう!
と思ったのですが・・・

ソニーウォークマンの場合、mora(モーラ)というソニーが運営している音楽ダウンロードサイトでしか音楽をダウンロードすることが出来ず・・・
このmora、古い音楽がまるで無い。(▼▼#)

中島みゆき収録曲、102曲
井上陽水の収録曲 38曲
さだまさし収録曲 35曲

・・・
なんだそりゃ!!!!!!!!
昔の曲、皆無。

他のMP3サイトを見ても、皆同じ楽曲のみ。

アップルが運営するダウンロードサイト「iTunes」を見ると・・・、中島みゆきの音楽はほぼ大半の200を超えて収録されている。
でもitunesでダウンロードした音源は、ipodでしか聞くことが出来ない。

(TT)号泣

なんてこった。
この世の中に互換性が全く無いとは・・・。

大失敗だ。
ipodにすればよかった。

こうなったら、ツタヤで一々CDを借りてきて、音楽を取り込んで完成させてやる!
正月休み中に・・・

(TT)悔しい
posted by はるお at 09:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

人は忘れるもの

普天間普天間と今だ騒いでいますが・・・

先送りされて、時間がたつにつれ・・・
そのうち、皆、忘れることでしょう。

古くは、北方四島、竹島の領土問題
自然破壊による日本行政の危機とまで言われた諫早湾干拓事業問題
畜産壊滅とまで言われた鳥インフルエンザや口蹄疫事件
最近では、これまたマスコミがこぞって押し寄せ大騒ぎした八ッ場ダム中止問題
先日の尖閣諸島領土問題

いつの間にか、皆、忘れ始めているでしょ?

つい最近まで、あれほど大騒ぎしていた八ッ場ダムなんて、「ああ、そういえばそんな事もあったな〜」程度。
諫早湾だって、アレから20年経つ今もなんら問題が解決していない。
我々は、当時、国をひっくり返すほど大騒ぎしたのに、どうなったのかすら知らない。(^^;)

マスコミがフェードアウトすれば、それで終わり。

国民感情どこ吹く風・・・
マスコミの吐く息で、右に左になびく旗。

島根県で鳥インフルエンザが発生しても、「ふ〜ん」程度。
ちょっと昔までは、人間にも移るということで、その都度バケツをひっくり返したような大騒ぎをしていた記憶がありますが・・・
最近は、騒ぎにもならない。
影で、養鶏農家だけが政府の強制指導で鶏約2万羽とひな3300羽の殺処分されて、生きていく術を奪われ苦しんでいるだけ。

なんともはや・・・

日本は農耕民族で、台風の通り道&地震大国でもあるので、昔から自然災害の都度、壊滅的な被害にあって来ている国民なんです。
毎年、町や農作物が壊滅的な被害を受けても、その都度立ち上がって生きてきたんですね。

だから、DNAの中に「辛いこと苦しいことをすぐに忘れる」ようにインプットされているらしいんです。

喉もと過ぎればなんとやら・・・は、実は、日本人の根っこにある国民性なんだ。

と、どっかの学者が言っていましたが・・・
なるほど!
そういうことなんだ。

posted by はるお at 10:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。