2010年12月16日

グラフィックデザイナー佐藤卓

先日、テレビを見ていて、気にか掛かる言葉に出会いました。

『気配を感じろ。』

これは、日本を代表するグラフィックデザイナー佐藤卓さんの言葉です。
日本で一番売れている「明治おいしい牛乳」のパッケージを作った人と言ったほうが解り安いでしょうか?

どういうことかというと・・・
番組中で佐藤さんはこんな事を言っていました。
----------------------------------------------------------------
自分が特別な人間かというと、そうではない。
人が考えることなんて対して変わらない。色々思い浮かべる中に、必ず原石がある。
ただ、その気配に気が付くかどうかが、大きな分かれ目になる。

そして、その気配をいかにこじ開けて行くか。
----------------------------------------------------------------
正確じゃないですが、大体こんな内容でした。

「感じろ。」なんてブルー・スリー見たいな事を言いますね。(^^;)

でも、「出来る人」と「出来ない人」の差は・・・
まさにこの『感じる』力なんだと、あらためて佐藤さんの発言を聞いて思いました。

デザインの世界でも、飲食の世界でも、営業の世界でも、政治の世界でも、格闘技の世界でも・・・
自分や、相手や、アイデアや、世の中や、空気や、技術や、材料に至るまで、「感じる」ことが出来ない人間は、何をやってもダメなんですよね。

たとえば、うちの会社によく飛び込みで様々な営業マンが入ってきます。
殆どの人が、営業を成就せず帰っていきます。
「当社は、こんな商品を扱っていますが・・・」と、なんとも自信なさげの初対面の営業マンに、私はどう対応をしたら良いのか解りません。
だから、会話をしても、会話になりません。
彼らも「もともとダメもと」で話しているので、一方的で話にならないんですね。

でも、10人に1人は、事前にうちがどういう会社かをしっかりと調べて、挑んできます。

「我が社は、左官工事のプロフェッショナル集団です。御社HPとそこに乗っている施工経過を拝見して、我が社の商品が御社の住宅にとてもマッチしていると思い、本日突然ですがお伺いしました。」なんていわれたら、やはり私もしっかりと話を聞くわけです。
そして、そんな営業マンは、しっかりと会話になります。
私の気配を感じ取り、断ろうとしても様々な提案をしてくるわけです。

営業という職業は、特に「感じる」能力は大事ですね。

我々も、建築や造成を仕事にしていますから、ご近隣の方々や町内会や関係官庁との交渉は常に行っています。
ご近隣に協力してもらわないと事業自体がNGになるケースで「絶対協力しない。」と言われたりもします。
そこを何度もお願いに上り、協力してもらうのが仕事です。

そういう交渉事を行うときは、全身の触覚を呼び覚まし、相手に全身全霊を注ぎます。
で、言い合いや罵声の中に、少しでも突破口になる気配を見出し、こじあけて行く訳です。
身の毛がよだつなんて言葉がありますが、交渉中はまさにそんな感じですね。(^^;)

それでも「感じる」ことができなければ、ただの五月蝿い業者で終わってしまいます。
「この間、業者が来たんだけど、怒鳴って追い返してやったわ!」なんてお茶のネタにされて終わりです。


職人や格闘技の世界でも、教えなくても出来るようになる人は、目を皿のようにして師匠の技術を盗もうと必死になっている人です。
でも、いくら見ても、解らない人は解らない。

些細な部分に、気が付くかどうか。
そのほんの些細な部分が、コツだったり奥義だったりするんです。

武道の世界では、20年やっても形だけの人なんて一杯ですよ。

一生懸命やっているのに、なんで結果が出ないんだろうという人は多いですが・・・
佐藤さんは、こんなことも言っていました。

頑張るとか一生懸命とか表に出すなって思うんです。
頑張る、一生懸命は、当たり前だってことです。


感じること。
気が付くこと。

簡単のようですが、中々難しいですね。
特に今のようにメール主体の世の中だと・・・

ツイッターやブログがSNSが、人と触れて感覚を養うことを妨げてる。

これらが特化すればするほど、人が気配を感じる能力は、ドンドンと退化していくのでは?

気配を感じられないと・・・
心を配ることも、気を使うことも出来なくなる訳で・・・

ああ、なるほど。
今の若い世代は、そういうことなんですかね?


posted by はるお at 10:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

赤ちゃんの頭の形

もうすぐ生後6ヶ月目になる我が子。
生まれてから、一つ気になることがあります。
それは・・・

頭の形が悪いんです。(TT)

後頭部が絶壁。
横から見ると、マーブルチョコのよう。(^^;)

maburu.jpg
あまりにもペッタンコなので、夫婦で悩みました。
そして、調べまくりました。

仰向けに寝かせるように病院で指導されましたが、どうやら横向きに寝かせることで頭の形が良くなるらしい。
で、その横向きに寝かせるのが難しい。
横向き寝かせのグッズは、ネットで多くあります。

すぐに引っかかったのが、「Dr.Plagioの天使のねむり」
でも、評判はあまり良くない。

そこで、安い「トコちゃんの向きぐせ防止クッション」を購入。
これは、背中にひし形のクッションを入れることで、横向きを維持するというもの。
我が子の背中に入れると・・・
すぐに動いてしまい、10秒と持たない。
全く役に立たない。

その後「トコちゃんハグモック」を購入。
これは、トランポリンのようになっているハンモッグで、頭を直すというのですが・・・
網目なので、冬は寒くて使えない。
それに、ハグモックの上に置くと、大泣き。

この二つは、2度使って、もうすでにタンスの肥やしと化してます。(TT)号泣

その後、本気で考えたのが東京女子医科大学のモルディングヘルメット。
次の休みの日に連れて行ってみようか・・・
とまで話をしたのですが、ネットで費用を探し出してみると・・・
なんと、50万円は掛かるらしい。

妻と顔を見合わせ「頭の形は、きっと自然に良くなるよ。」「ね。」と、言い合って無かったことに。

で、その後日・・・

ある日、仕事から帰って子供をあやす私を見て・・・妻が「あっ!!!!」と叫びました。
で、おもむろに携帯で写真を撮り・・・
その携帯を私に手渡してきました。

「見てみて!同じ頭の形してるよ!」

wagako_1.JPG

で妻の言った一言。
「こりゃ、遺伝だわ。」

ほ、本当だ。
同じ形してる。(゜゜;)

人間・・・
後頭部の絶壁まで遺伝するものなんですか?(□°;)

そんな、殺生な・・・(涙)

posted by はるお at 12:21 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

配偶者控除見直しせず

来年度の税制改正大網から、配偶者控除が外れましたね。

民主党は、政権交代時「配偶者控除は廃止」と言っていたので、来年度実施されるのかと、結構ハラハラドキドキ見てました。
といっても、年間約4万円の税金が高くなるかどうかなので、うちの場合、新たに子供手当てが年間156000円入って来ているので、大きなプラスではあります。
でも、子供の居ない家庭は、年約4万円が直撃するので痛いですね。

また、一般扶養控除や16歳〜22歳の特定扶養控除(63万円)も現行のまま見直し無し。
23歳〜69歳の成年扶養控除は、年収568万円を超える家庭は、廃止とのこと。

我が家は、一安心です。
でも、これら様々な控除は、これからドンドンと廃止されていく方向のようですので、毎年毎年、政治に関心を持っておかないとなりません。

今後、子供は早く親離れをさせないと、税金がかかる世の中になります。
悠長に大学まで実家で育てるなんていう考え方は、よっぽど給与が高い家庭でなければ、出来なくなるでしょうね。

相続税も、先日お知らせした内容よりもさらに控除額が圧縮されました。
法定相続人一人あたり1000万円の控除を600万円まで切り下げることで大筋合意。
基礎控除が5000万円から3000万円になるので、相続人が一人しかいない場合、3600万円を超えたら相続税がかかることになります。
いままでは、6000万円まで無税だったので、おおよそ2分の1まで縮小されたことになります。

また、環境税が新設されます。
これは、化石燃料の輸入時に課税するもので、石油やガソリン・石炭などがそれにあたります。
我々の手に届く前に課税されるので、実質、販売価格が高くなる仕組み。
解り難いですが・・・
一般家庭の税負担は、電気代が月34円増、ガソリン1リットル0.79円増となる試算。

着実に、増税への階段を一歩一歩、踏み出しています。

税金は、本当に複雑で・・・
我々国民に解りにくく作ってあります。

でも、一人一人、しっかりと把握する努力をしない限り、役人天国は変わらないと思います。


posted by はるお at 09:48 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

個人主義

「日本人は、個人主義になった。」

そう言うのは、元日本サムスン社長。
---------------------------------------------------------------------------------
日本人は、無口になった。
バブル以降、きちんと挨拶する人が減った。
個人主義的にたったということだろうか。
日本人は集団プレーが上手で、それが(世界一の)強みだったのだが。

内需拡大といい始めた頃から、日本はドンドンと内向きになった。
大きくて成熟した市場があるから良いじゃないかという空気が濃い。
韓国には何も無い。
だから中国やタイで起業した人が多い。
その勢いが(世界No1・No2のサムスンやLGの)今でも続いている。
---------------------------------------------------------------------------------
(日経紙面より)

90年代、全世界で家電といえば「メイドインジャパン」だったのに・・・・
今では、サムスン・LGの「メイドインコリア」に認知度・シェア・売り上げで適わない。
その理由は・・・
「日本人の個人個人の内面の変化にある」
と、サムスンの社長が言っている。
とても、興味深い発言ですね。

私は、この記事を読んで・・・
今の日本の本質を突き刺されたようで、ちょっと衝撃を受けました。

そうだな。
よくよく考えてみると、今の日本の世の中、みんな、個人主義だな。

TVを付けると、よく著名人が自分の趣味を自慢していますが、その多くがフィギアやおもちゃ集め。40歳を迎えようとする大人が、自分の部屋でフィギアを手に持ち、一人ニヤケてる。

昔だと「異常者」の部類だったこの行為も、今じゃ普通。
鉄道模型・少女フィギア・グリコのおまけ・ミニカー・キンケシ・・・

みな、その個人主義を認め始めている。


先日、鎌倉中央公園に妻と子供をつれて、散歩にいったんです。
鎌倉の代表的な谷戸があるオススメの公園です。
自然の中で遊んでいる子供がいるのですが・・・

その手には、ニンテンドーDS。

10人居たら、10人皆がDSを手に歩いています。
で、4〜5人で野原に座り・・・
遊び始めるかと思って見ていたら・・・

皆、手に持っているDSを開いて、会話をすることでもなく、チクチクやり始める。(^^;)

なんだこりゃ!!


子供を作らない夫婦もとっても多いですね。
その中の一人の私の友人曰く
「子供なんて出来たら、自分の時間と金が無くなっちゃうじゃん。」
という。

すでに「子供を作る」という本能よりも、現代の個人主義的思考が勝ってしまっている。

ゆとり教育が悪い。
ゲームが悪い。
インターネットが悪い。
世の中が悪い。

色々といわれていますが・・・
なんだかんだいって、結局、親が悪いんですよ。
子供をゲーム漬けにする親が悪いんです。


それにしても、日本企業の最大の敵が発した「集団プレーが日本人の最大の武器だった。」という過去形の言葉。
痛烈すぎて、痛いですね。

日本を世界一の経済大国にしたのは、団塊の世代。
団塊という言葉・・・

よくよく考えてみると「塊で団結する」という意味なんですよね。

しかし・・・
「団結」という言葉は、今の日本の・・・どこを探しても無いんだよな〜

posted by はるお at 11:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

建設業界大混乱

数ヶ月前から、グラスウールが全く手に入らないという話を至どころで耳にしました。

グラスウールとは、日本で最も普及しているマット型の断熱材です。
特に大手ツーバイフォーメーカーは、その大半がグラスウール断熱材を使用しています。
三井・三菱・住友・東急などがそれにあたります。

今年に入って、日本全国の新築戸建件数がV字回復しました。
前年まで超不景気に見舞われていた矢先です。

去年までは、どのメーカーも減益や赤字。
もちろん、そこに卸す建材メーカーも商品が売れず赤字。
中卸では、売れない在庫が溢れて、どこも倉庫が一杯。
となると、建材メーカーは製造を減産して、抱えている在庫を処分し始じめます。

そんな中、需要がドンドンと右肩上がりの回復。

在庫はあっという間に無くなり、あまりの建築の多さに、現在製造が全く追いついていないようです。

断熱材が無いと、家の建築は途中で「ビタッ」と進まなくなります。
ようは、建築途中で止まってしまうんです。

今年の9月ごろに入り、「グラスウール争奪戦が始まっている」という噂が飛び交うも・・・
現場吹き付けが主体の当社は全く関係が無いので、「ふ〜ん」程度に聞き流していたんです。

それが、12月に入り、フォームライトSL現場吹き付けも注文が一気に増えすぎて、施工店が対応しきれない状況になっているとのこと。(^^;)
どうやら・・・
グラスウールを使用していた建築メーカーが、困った挙句、ロックウールの争奪戦を行い・・・
ロックウールもあっという間に枯渇・・・・
そして、3倍も高い現場吹き付け工法に「ドドッ」っと押し寄せてきているらしい・・・(TT)

それでも、年内に引渡予定だった住宅がドンドンと年越しに追いやられ、もう建設業界は大混乱。
特に打撃を受けているのが、町の小さな工務店。
大手が買い占めた後、どこにも無い断熱材に右往左往するだけ。

年内に引越しの予定を組んでいたお客様はたまったもんじゃないですね。

買い替えのお客様とかは、今住んでいる家も売る契約をしています。
年内に完成する契約を結び、今住んでいる家も年内に引き渡す事になっていると、それが遅れた場合、損害賠償になるケースも考えられます。
だから、建築メーカーは現場発泡に変更して30万円〜40万円の利益が減ろうとも、もうとにかく工期通りに完成させなければならない訳です。

製造メーカーは、この絶好の商機を見誤ったんですね。
11月から、24時間体制で製造を続けているそうですが、ドンドンと他の断熱材に流れてしまっている。
なんとも、勿体無い話です。

これが来年もつづくと、フォームライトSLの製造が間に合わないなんて事にもなるのではないか?
ちょっと、戦々恐々です。
posted by はるお at 09:55 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。