2010年06月29日

ツッコミの巻!

TVを見たり、新聞を読んでいると「一人ツッコミ」って、良くします。

昨日の朝、TVで政治家の討論がやっていて、山形の母が一人で見ていて・・・
自民党議員の態度のデカさに、テレビに向かいずっと一人でツッコミを入れていたそうです。

「今、お前らの尻拭いしてんだろうがっ!!」
「自民党政権の時、なにもしてこなかった癖して、えらそうに!」
「腹話術の人形みたいで表情が無くて怖い!(石破氏に)」

思わず、その話を聞いて吹き出しちゃいました。

かくいう私も一人ツッコミを良くします。
今日の新聞は、ツッコミどころ満載。
どんなものにツッコんだかというと・・・

@麻生太郎へ
元経営は語る。「新幹線をどのみち作るなら、安い時にやったほうが良いに決まってる。金利・土地・工事費は安い、工期は短い。今やるのが一流の経営者だ。」

4流以下の元経営者にそういわれても・・・ね。
(過去、地元で麻生グループの関連企業の社長に付くもクレー射撃ばかりして、仕事のしの字もしなかった逸話あり)


A小沢一郎へ
「(自分が創設した農家個別補償・子供手当てに関して)国民と約束したことはなんとしても守らないと社会は成り立たない。もしそういうことをすれば、嘘をついたことになる。」

いやいや、あんた西松建設からもらった一億円、もらってないってすでに国民に嘘ついてるやん。自分名義の土地購入の3億円の裏金も「タンス預金だ」なんて、よくもそんな見え透いた嘘がつけたもんだ。

と・・・
政治家の発言ばかりにツッコむ始末。
しかし、彼らの発言を見るたびに、本当にあほだなって思います。
喉元過ぎたら、みんな自分のしてきたこと忘れちゃう人種なんですね。(苦笑)

その他気になった記事を列記してみます。

@光回線でFAXが高画質
すでに始まっているそうですが、光回線でFAXが安くより鮮明に送れるようになったそうです。
今まで、FAXを送ると、画像が粗くなりましたが、原紙と寸分もたがわず、FAXが出来き、しかも送信料が3円程度とのこと。今後、対応機種が出て来るそうなので注目です。

A救急車が有料化?
最近、救急車を呼んで「家の用事が済んでから」と何時間も待たせる人がいるそうです。
病院へのタクシー代わりは当たり前で・・・、中には「途中でコンビニに寄って欲しい」という人も・・・(^^;)
国民のモラルの低下が近年になって、著しく増えているとの事。
静岡県では、あまりにも酷い状況に、救急車の有料化を検討し始めた。

B日産のゴーン社長の給与8.9億円
役員はボーナスが無いですから、月収で7410万円ということになりますね。(^^;)
日給で、243万円。
2日で、サラリーマンの年収を稼いでいることになります。

Cクールビズにポロシャツ

pizuporo.JPG

これ、ポロシャツなんですって。
興味津々。
名前はビズポロ。
ネクタイにしっかり対応。

pizuporo2.JPG


D高速道路無料化開始
西湘バイパス・新湘南バイパス・箱根新道が開始。
我が家から芦ノ湖に行くには、900円の道路代がかかっていました。
これが、タダです。
往復1800円。大きいですね。


posted by はるお at 09:31 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

材木の高騰

サブプライム問題によって、地に落ちた材木の価格が、元通りに戻ってきました。

現在、国産杉柱用丸太の平均価格は、1年前からおおよそ2割高。
2008年初旬の水準にもどった状態です。

輸入材にいたっては、在庫不足でてんやわんやの状態のようです。
サブプライムやギリシャ危機で、欧米の材木関連会社が多くつぶれ、さらに住宅業界の不振で製材の生産調整をした結果、市場に出回る木材が極端に減ってしまったのが原因です。

在庫が少なくなったり、需要が伸びてくると高騰するのが世の常。
輸入材にいたっては、3割以上の値上げを見せています。

当社の場合、多くを国産材で賄っているので、その煽りは受けていませんが・・・

せっかく安くなった国産材が、また高くなってしまうのはとっても痛い。
2割上がると、30坪の家を建てるのに、コストが単純に40〜60万円UPします。
このまま、上がり続けると建物1件分の現場監督のコストが丸々潰れてしまい、結構しんどいですね。

それにしても・・・
去年まで当社も及び腰だった長期優良住宅。(大変そうだから)
今年、当社でも初めて事業者としてエントリーして、補助を受けて建築をしているのですが、この補助の考え方はとっても良いですね。
補助を受けるには、産地証明がある国産材を使わなければならない。
つまりは、国が日本の疲弊した林業を支えてようと努力している訳です。

今の輸入のホワイドウッド集成材が主流の日本の住宅事情。
ここに国ぐるみで国産の杉や檜を殴りこませようとしている。

この補助をきっかけに国産材を触れた人は、「ああ、国産材はやっぱり違うな」と思うはずです。

見ても触っても、ホワイトウッドと国産杉じゃ月とスッポンですもん。
(言いすぎかな?)

価格はピンきりですが、杉材であれば、山長さんのような一流のプレカット屋に頼んでもそんなに高くない。
・・・今は。

今後、国産の需要が増えれば、値段は確実に上がっていきます。
そう考えると、国産材の需要はほどほどな状態のほうが、我々のような国産を使う中小企業には良い。
でも、日本の林業は盛り上がって欲しい。

中々、難しいですね。

あとは、これ以上、値上げしていかない事を天に祈るばかりです。
posted by はるお at 17:17 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

川嶋朗医師

日経新聞に面白いコラムが載っている。
川嶋朗医師のコラム「医師の目」である。

記事内で、医師はこんな事を言っています。
------------------------------------------------------------------------------------------
日本の患者はどうしても医師に「お任せ」になりがちだ。
車や家の購入を人任せにしてしまう者はいない。
しかし、体のことになると人任せにしてしまう。
このお任せ医療の弊害が、米国とわが国の100歳以上の高齢者の寝たきり比率にも現れている。
米国35%
日本65%
日本人は、受診すればどんな病気でも治るかのように思い込んでいる。
また、一般的に老衰を理想的な死だと思い込む節がある。
しかし、寝たきりで向かえる老後は長く、延命治療は本人も家族もストレスと負担が大きく地獄だ。
西洋医学は死を「敗北」と捉えるきらいがある。
これに対し、統合医療は「死」をも考慮し、悔いなく満足に死んでいくには如何したらよいかまで考える医療である。
私は、「死ななくするには如何すればよいか」ではなく、「より良い死を迎えるには如何すればよいか」を提案したい。
----------------------------------------------------------------------------------------
(記事を一部抜粋・追記変更して分かりやすくしてあります。ご了承くださいませ。)


面白いですね。

人は皆、必ず死ぬんです。
オギャーと生まれた瞬間に、もう死に向かって走り出してる訳ですね。

この根本を忘れず、いかに楽(らく)に死を迎えられるか。
誰からも縛られずに、自分の思い通りに往生できるか。

考えさせられる記事です。

川嶋朗氏の記事でこんな面白い記事をWEBで見つけました。
http://www.lifestyle-m.jp/page/column/sonota/20326/sonota200326.html

「いい医者の見分け方。ゴルフ焼けしている医者は要注意」

という見出しです。(笑)
面白いのでご一読を。



posted by はるお at 09:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

消費者物価地域差指数

「測れるものは必ず管理される。」

つい最近の新聞で気になった言葉です。

今、世界は指標や統計の世の中と言えます。
多くは、国が統計を取り、これをメディアが報道し、それが経済の指針になり、国を動かしている。

代表的なところでは・・・

・出生率
・消費者物価指数
・完全失業率
・住宅着工数
・・・etc

国民総幸福量なんていう指数もあるんですね。

調べてみると、驚くほどの数のさまざまなものが統計がなされています。
これ、果たして全てが正確に行われているのでしょうか??

25日、総務省から「消費者物価地域指数」なるものが開示されました。
これは、都道府県別の物価水準を100を水準として高いか安いかを示すもの。

■2009年度消費者物価地域差指数

札幌市103.2
青森市100.7
盛岡市102.2
仙台市99.5
秋田市97.5
山形市102.6
福島市101.5
水戸市100.6
宇都宮市103.4
前橋市98.8
さいたま市104.5
千葉市101.6
東京都区部110.0
横浜市110.2
新潟市102.0
富山市101.6
金沢市105.3
福井市102.5
甲府市102.7
長野市101.1
岐阜市100.5
静岡市105.5
名古屋市104.8
津市102.1
大津市101.9
京都市105.3
大阪市107.1
神戸市103.5
奈良市100.4
和歌山市104.0
鳥取市100.5
松江市102.5
岡山市104.0
広島市102.5
山口市101.8
徳島市100.7
高松市99.5
松山市99.2
高知市100.2
福岡市100.0
佐賀市99.8
長崎市102.3
熊本市100.2
大分市100.6
宮崎市96.6
鹿児島市101.4
那覇市97.8


なんだ、この数字は?しかも、横浜が一位なの??
ええぇぇぇぇ〜、なんだかにわかに信じがたいのだが・・・
東京都心より横浜の物価が高いなんて、絶対ありえないですよ。

こんなデータよりも、私個人としてはこの調査に一体いくらの国費が使われているのかの方が知りたい。(^^;)

そういえば、不動産を買うと3ヶ月ぐらいたった後に国から「調査ご協力のお願い」みないた書簡が必ず来ます。これは不動産の実勢取引の情報をデータベース化して、固定資産税や路線価の算定に役立ててる目的のものだと思うのですが、用紙や内容を見ると、このデータベース化に莫大な費用がかかっているのは間違いないです。

莫大な税金を投入して行っているさまざまな統計。
はたして、本当に必要なのだろうか?

我々は、小学校の頃から偏差値とか、成績で数字数字の教育を受けているので・・・
あの教育に秀でて東大入って官僚になった人は、やはり数字で何でも表したがるんでしょうか?

でも、数字に頼ると、人は直感を捨てます。
データーに頼ると、それに雁字搦めにされてしまうように思うんです。

その数字で国が動き始めると、操縦している政治家や官僚がその数字を自分の思うがまま操って、国を操作し始める。
悪いことをしようとすると、いくらでも細工が出来るのが数字でもあるんですね。

今、まさに真っ最中のギリシャ危機も、国ぐるみで負債の数字を隠していたのが発端。


数字は・・・嘘か・・・本当か?

規模が大きくなればなるほど、それを立証することは困難です。
ただし、空港の乱立や、道路の乱立で毎年の赤字を何千億円垂れ流す日本。
元々、これらは国の統計で全て黒字になるはずたったものばかりです。
これらを見る限りだと・・・

国の出してくる数字は、全て疑ってかかったほうが正解なのだろうか?

すでに我々は官僚に数字で操られているのでしょうか。(^^;)
さて、どうしたものだろか。

posted by はるお at 11:04 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

カラ梅雨

6月の末は、連日の雨。

これは、6月中ごろに予想された天気予報です。
先週の週間天気予報では・・・

月−曇
火−雨
水−雨
木−雨
金−曇
土−雨
日−雨

でしたが・・・
ふたを開けてみれば、殆どが快晴。(^^;)

おかげで、工事の延期を予定していた現場が、進む進む。v(^^)
うれしい悲鳴ですが、ここまで当たらない天気予報、どうにかならないものだろうか??

私がお産で仕事を休んでいる時に、茅ヶ崎の長期優良建売住宅(完売済み)が上棟!!
syourin1.JPG

火曜日に無事。
でも、天気予報では雨で、先週土曜日の時点で、「雨天中止」の予定だったのですが・・・
いやぁ、助かった。(^^;)

材木座の物件も、外構工事が順調っ順調っ!
624_20.JPG

雨が降ったら出来ない外構ですが、思わぬ捗りようで・・・(^^)
624_12.JPG

お客様には、「だいぶ遅れます」と頭を下げていたので、これもうれしい悲鳴。
さらに、B棟の玄関の川砂利の洗い出し仕上げも晴れたので着工!

624_10.JPG

カラ梅雨、バンザイ!
でも、夏野菜が高くなりそうですね。そこだけ、心配です。

そして、朝起きたら、なんと岡田ジャパンが3対1で快勝というニュース。
「どうせデンマークには負ける」と思って、寝ちゃったんですが・・・

大失敗。大失態。

直前に負け続けたことが、逆に良かったんですね。
それに、中村俊輔が外れたことにより、フィジカルが強い選手が残った。

「負けるが勝ち。」

決勝初戦が、今大会一調子の良いパラグアイ。
これに勝ったら、もしかしたら・・・もしかするかも・・・。

posted by はるお at 08:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。