2010年04月30日

久々に・・・

今日は、久々に一日中ビッシリ詰まってしまって、ブログを書く時間が空けられませんでした。
書きたい事は、一杯あるんですが・・・(  ̄ー ̄)ニヤリッ

朝一で、打ち合わせを済ませ・・・
10:00、材木座A棟のお客様と現地打ち合わせ
11:00、井戸屋さんと井戸の改修の現地打ち合わせ
12:00、O様邸のお庭とエアコン工事の立会い
13:00、銀行へ月末処理
14:00、昼食
15:00、床材の商社Fトレーディングさんと商談
16:00、仕入れの商談
17:00、O様邸、雨水浸透枡新設の現地打ち合わせ
19:00、井戸付きの土地(建物建築条件付)契約
21:00、帰社

あいまあいまに帰ってくると机の上には伝言のメモメモメモメモ・・・・
(TT)号泣

とりあえず・・・
この後、空手の稽古に行ってきます。

ブログは、明日、ゆっくりと書きますので。m(_ _)m

ご了承をば。


posted by はるお at 21:30 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

エコキュートで使えない入浴剤

一昨日、大船二丁目の注文住宅を無事にお引渡ししました。
そのお客様より、こんな質問を頂きました。

「エコキュートって、お風呂に入浴剤を入れてもいいんですか?」

ほほぉ〜、なるほど。
考えたことも無かった面白い質問です。

私自身、知識が無かったので、早速、三菱電機お客様サポートセンターに電話!!
とても迅速丁寧に対応して頂き、単純明快に下記回答を得られました。
--------------------------------------------------------------------------------------
通常の入浴剤は、使用頂いても問題はありませんが、下記成分の入っている入浴剤は、使用すると故障の原因になる可能性がありますので、使用は控えてください。

@炭酸成分の入浴剤
商品で言うと「花王のバブ」等のお風呂に入れると泡が出るタイプのものは、酸性なので管を錆びさせる恐れがあります。

Aカルシウム成分の入浴剤
お風呂に入れるとお湯が乳白色に変わるタイプのものは、カルシウムが入っている場合が多いです。カルシウムは、管に付着し、配管つまりの原因になります。

B硫黄成分の入浴剤
硫黄は、鉄を溶かす性質があります。漏水の原因になります。

C温泉成分をそのまま固形にしたモノ
温泉地で売っている「湯の花」等の固形物は、管つまりの原因になります。

上記を使用してしまった場合は、必ず使用毎にお湯を抜いた後、三菱エコキュートについている機能「配管洗浄」を行って頂き、配管内をキレイにしてください。
--------------------------------------------------------------------------------------
とのこと。

へぇ〜、知らなかった。
でも、そうなると、通常のガス釜でもNGってことになりますね?
配管の構造は、殆ど同じですから。

うちのエコキュート・・・もう半年ぐらい、毎日入浴剤を入れているけど、大丈夫かしら?(^^;)
(きっと、大丈夫だとおもうが・・・)


何はさておき、この物件をお引渡ししたとき、感慨もひとしおでした。
完成の面持ちは、伊藤先生の物件らしく、シンプルでいて特徴があります。
oofuna50.JPG

建築がスタートしたのは、去年の9月ごろ。
元々、古家がある所からスタートしていたんですね。それを解体した直後の写真。
oofuna51.JPG

車庫も無く、隣地もタイトに建物が建って、プレキャストの地下車庫の設計でしたが、施工が出来ず現場うちのRCの地下車庫に変更。地盤も思っていた以上に悪く、さまざまな補強を施して・・・
oofuna52.JPG

そして、地下車庫を建造。
oofuna54.JPG

エントランスも、RCの打ちっぱなしが美しいすっきりとした様相。
oofuna53.JPG

RCの壁に取り付けた外灯は、打ちっ放しの壁に似合うパナソニックの「HWJ6151EL」。
これは、暗くなってくると自動で点滅し、明るくなると自動消灯する「明るさセンサ」が付いています。
hwj6151el.jpg


室内もこだわり一杯。
上がり畳みがあるリビングは、こんな感じ。
oofuna55.JPG

キッチンは、白の木目調
oofuna56.JPG

2階主寝室は、洋間に6帖の畳を埋め込みました。
oofuna59.JPG

「布団で寝たいけど、和室はちょっと」というお客様のご希望を叶えました。
壁一面に造り付けの収納家具。
oofuna58.JPG

そして、建築家「伊藤誠康」先生の設計力をマジマジと見せ付けられるのが・・・
トップライトですね。
階段室の写真を見てください。
oofuna61.JPG

北側です。南・東・西側は塞がれている空間で、照明器具は点けていません。
でも、階段の上にあるトップライトが、この暗い空間を明るくし、とてもお洒落な視感を与えています。

oofuna62.JPG

この辺は、我々には真似できない「立体の思考」なんですよね〜。

posted by はるお at 10:57 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

「縁」って、不思議です。

私は、人と人との関わり合いの中には、必ず「縁」というものがあるのだと思っています。

建築家の伊藤誠康さんに設計を依頼して着工した材木座二丁目の分譲住宅。
着工直後、大工から「近くに駐車場を2台分確保して欲しい」と、要望がありました。
早速、周囲の駐車場を探すことに・・・。
でも、周囲を探しても中々空いている駐車場がない。

困っているところで、物件の斜向かいに小さな空き地に目が行ったんですね。
小さな「管理地」という看板が立てかけてある。

そこで、その不動産屋さんに直接伺って「一時、駐車場として貸して欲しい」とお願いしたんです。

回答はNG。

「どうしよ〜っ!」と頭を抱えて会社に帰ると、その不動産会社の専務取締役よりお電話を頂きました。

「いっそのこと買いませんか?」

これも何かの『縁』ですね。
二つ返事で「買います」と即答し・・・
そして、先日、その土地を購入させて頂きました。

早速伊藤先生に、井戸付きの長期優良住宅の設計を依頼。

そんな中、建売の2棟もあっという間に完売!
A棟は、ずっと購入を検討をして頂いたお客様がいらっしゃったのですが・・・その方とはまったく別の人が購入されました。

「この家しかないっ!」と、心底気に入って頂いたその新しいお客様は、建物を隅々まで見て「こんなにしっかり造っている建売は初めて見たっ!」とまで言って頂き、契約の時に「手付け解除が出来ます」という説明をしたら、「絶対しないです。絶対買いますから!」というご宣言まで。
(^^;)

ここまで気に入ってくれたお客様がこの物件を買ったのも、その人と私に『縁』が無ければ絶対出会えていなかったんじゃないかな?って思うんです。

買えなかったお客様は、パン職人さん。
パン屋をやりたいからピッタリだ!と前向きにお話をいただいていたのですが、既製品の木造建物で食べ物の製造をするには、実は結構大変なんですね。
換気扇や水洗やが必要で壁や基礎を壊したり、機器と建物の配置があわず思うように行かなかったり、電気が足りず、低圧電力を引きなおしたり、etc

買った後、お客様の見えない負担が大きすぎるわけです。
だから、私はそのパン屋さんには、率先的にお進めはしなかったんです。

そんな中で、斜向かいの空き地が出てきた。

チラッと話すと、早速ご検討頂き、1日足らずで「買います!」というお返事を頂き・・・
とりあえず、フリープランの店舗付きの長期優良住宅として、ご提供することとなりました。

お客様の当初希望にはだいぶ予算オーバーですが、うちの会社も予定より利益が減額しそう。
でも、これも『縁』です。(^^)

飲食の製造を行う住宅であれば、絶対フリーの設計の家が良いです。
お客様は、建売住宅を買えず、予算オーバーのこの物件を手に入れることになりましたが、結果として、大成功だと思います。

イメージどおりにフリープランで作り、お子さん3人分の部屋を工夫した家。
そりゃ、既成の建売住宅と比べたら、使い勝手は雲泥の差ですよ。

あとは、当社が予算も含めて、どうにかがんばれば良い。

・・・不思議な縁の連鎖を体験した、材木座です。


でも、なごりおしいのは・・・

鎌倉駅徒歩13分の「気鋭建築家による井戸つきの長期優良住宅」を・・・

当社売主の建売住宅として、ドドンッと売り出したかった。(^^;)

posted by はるお at 18:34 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

商いは飽きないでやる

「商いは飽きないでやる」

和菓子屋職人さんのお言葉です。
職人の世界は、単純な作業の日々、同じ事の繰り返し。

でも、長くやらないと面白いことも嫌なことも経験できない。

同じ事を何度も繰り返してこそ、掘り下げて見えてくるものがある。
そして、辛いこと嫌なことを乗り越えた時に「面白さ」や「やりがい」が見えてくる。

今の若い人は、嫌なことにブチ当たると、それを避けて通うろうとするか、辞めてしまう人が殆ど。
だから、仕事の一番の美酒である「やり遂げた」という達成感を味わうことが出来ない。
自分自身への妥協は、人をダメにすると、思うんですよね。

職人の世界は、「下積み」の時間がとても長い。
なぜか?
それは、職人は自分自身が資本だからだ。

しっかりとした強い精神力を持っていなければ、職人の世界ではとてもじゃ無いけどやって行けない。

だから、職人は「一人前」と言われるまでに、辛く長い下積みを経験させてるんだと思う。
料理人で最低5年、大工でも長くて10年
建築家にいたっては、50歳で「ひよっこ」と言われるそうで・・・(^^;)

でも、凄腕と言われる大工や、売れっ子建築家は、長い長い下積みがあってこそなんです。

今の若い連中は・・・
料理人にしても大工にしても建築事務所にしても、下積みの入り口ですぐに辞めていってしまうそうです。
見込みがありそうな若者でも、すぐに自立したがるんですって。(^^;)

知人の有名イタリアンレストランのオーナーも以前言ってました。
せっかく手取り足取り一生懸命教え込んでも、2年やそこらで、「自分で店を出す」といって辞めていってしまうんですって。

でも、そんな輩は、店を出しても成功をするわけがない。
十中八九潰れます

私自身、何件も潰れる店を見てきました。

下積みに絶えられない人間に、その後何十年と続く単純作業が出来るわけなく・・・
その単純作業にさまざまなトラブルが折り重なってくるわけで・・・・
飲食店のように客を待つ職業ほど、人としての強さが無いと、到底やって行けません。

日本人は、もともと職人気質の国民性なんです。
マスコミのバカさ加減でアメリカンナイズされた若者が、転職を繰り返し、アルバイトで生計を立てていますが、それじゃあ、その人も日本も未来はないと感じます。

本来の日本人の世界が認める「気質」を取り戻せば、日本の未来は明るいと思うんですがね。

「商いは飽きないでやる」

この言葉に、全てが集約されていませんかね?
深い言葉です。

また、日経の紙面で和菓子職人はこうも付け加えています。

「そして、悪い思い出は早く忘れる。」

う〜ん、簡単なことですが、これまた深い言葉です。

posted by はるお at 11:25 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

郵便局の横領20億円

まずは、これを見てくださいませ。
下記は、平成16年8月に書いた私のブログです。
-------------------------------------------------------------
先日、全国の郵便局で2003年度に現金紛失が21万5346件あり、紛失総額が6億4216万円を上ることが明らかされました。その合計紛失額のうち約3億3000万円は紛失原因を究明できず、欠損金として会計処理されているそうです。
しかも、この6億4216万円という数字は「現金過不足を計算した後」の数字なんです。つまり足りないだけではなく「なんだか知らないけど、金が多いなぁ」という金が何億もあるというんですよ。

信じられます!!国の機関ですよ。

しかも、この事態は去年度だけではなく、毎年7億円以上のお金が消えてなくなっているですって。
7億円を毎年失くしていることもさることながら、その改善をなにも行こなおうとしない郵政庁(今は名前違うかな?)に驚くほか無いです。

紛失の原因は、窓口で間違えた以外に現金保管箱から忽然と消えたケースも多くあるというんです。
つまり、我々の預けたお金が「局内」で「平然」と「局員」により泥棒されているんです。
普通の企業じゃ考えられません。れっきとした刑事事件ですよ。
でも「何々郵便局で現金が盗まれる」なんていうニュースは今まで聞いたことないです。どうなってるんでしょう一体。
-------------------------------------------------------------

毎年行われていたこの国ぐるみの無茶苦茶な会計処理。

貰い過ぎた金は毎年約6〜9億円。
なんとその金は拾得物扱いで雑収入とされていたんです。

「無くなったお金」と「貰い過ぎたお金」を引き算して6億を超えるお金が余る分けですから・・・
無くなったお金は、ざっと見積もって12億円は裕に超えているわけです。(^^;)

毎年、12億円の金が局内で忽然と消え・・・
顧客からもらい過ぎたお金は、誰からもらったかすら解らず、郵便局の収入としていたんです。

拾得物って・・・(□゜;)
毎年6億円が局内で拾えるんだったら、局員はトレジャーハンター気分ですわな。
郵便局は、だれから貰い過ぎたか解らないんですって。(平然と言い切っていた)
しかも、原因解明どころか、返す努力すらしていない。

この信じられない不正行為。
小泉純一郎の郵政民営化で改善されたかに思われていましたが・・・

先日、みんなの党が民主党政府に情報開示を求めた結果、なんら改善が行われていないことが明らかになりました。

2009年度の横領額、20億円 ですって。

・・・
・・・
だめだこりゃ。

民主党政権、「政治の透明性」などと言っていましたが、失笑ですね。

そんな中の郵便局への規制緩和。

「ザ自民党」の亀井と小沢が牛耳る民主党。
お荷物の二人かと思ったら、民主党政権の顔ですよ。

ダメだこりゃ。


posted by はるお at 09:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。