2009年12月27日

本日、今年最後の営業です。

今年も、残すところあと4日となりました。

当社は、27日の本日で、今年の営業を終了いたします。

今年は、激動の一年でしたね。
サブプライムでアメリカ発の大恐慌。
それにより、年初め一時株価が約20年前に起こったバブル崩壊時よりも下落。

まったく底が見えない状態に「世の終わりか?」とまで思った混乱が、数ヶ月しか経っていない今・・・
まるで嘘だったかのように、静かな年末となっています。

あの騒ぎは・・・
一体・・・
なんだったんでしょう??


とにもかくにも、2009年、当社及び当社HPをご愛顧頂き誠にありがとう御座いました。

本格的にブログを始めたのは、今年の初旬。
以前も日記形式でブログもどきを展開はしていましたが・・・
正規のブログを行ってみて、その反響の多さに驚くばかりです。

お客様からはもちろん、取引先や全く面識のない方々からも「見てるよ」なんて言われ、いい加減なことは書けないなと、日々身が引き締まる思いです。

よくブログを始めたら「更新がプレッシャーになる」と言いますが、プレッシャーは殆ど無いんですよねぇ〜。思っていることを列記し、不動産関連の世情を報告しているだけで、ダラダラと続いています。(^^;)
しかし、読み返してみると、結構、世間に対する悪口ばかりで、反省しきりです。


私の空手の先生が、こんな事を言っています。


「人の批判をすることに時間と心を取られることなかれ!」
「逆に批判をする人の心を理解するためにこそ時間を作るべし!」
「人の気持ちを感じ取る心を養うべし!」


来年は、この言葉を肝に銘じ、ブログの更新を続けて行きたいと思います。

来年の私の目標は・・・何にしましょう?(^^;)
何で見たのか思い出せませんが、こんな言葉にも感銘を受けました。


「儲け続けるには、改善し続けなければいけない」


これ、商売の確信ですね。
一生懸命なんていうありふれた言葉じゃないです。
「日進月歩」とも似て非なり。

利益を生むには・・・?
一生懸命やがむしゃらにやるだけじゃ、ダメなんです。

日常を日々改善をし続ければ、おのずと利益が付いてくる。

住宅という造り直すことが難しい商品を扱う私たちの商売において、この言葉の重さが心底まで響きます。

日々、改善。
来年、当社の目標は、コレにします。

ということで・・・

新年も、何卒、よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m
皆様、良いお年をっ!!!


posted by はるお at 13:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

生活保護者が急増

日本全国で、生活保護を受ける人が急増しているそうです。

神奈川県だけで、12万人を越える勢い。


それにより、地方自治体の財政負担は一段と深刻な状況に陥っているとのこと。

生活保護の予算は、横浜市だけで1000億に届く勢いで・・・

相模原市で137億円、横須賀市で75億円に達っし、毎年毎年増え続ける受給者に、すでに制度として破綻が見えてきています。


そもそも、生活保護とは、一時的に困窮した国民を金銭的に国が救済するというもので、永久的に生活を保障するものではありません。
しかし、生活保護のシステムには抜け道があり、半永久的に受給を受けることが出来、また、家庭により働くよりも多くの金額を受給できることもあり、逆にこの制度が働く意識をそいでいるケースが多くあります。


その辺は、以前このブログで触れたので、過去ログをご覧下さい。
http://heisei-hitorigoto.seesaa.net/article/126594634.html?1261788589


そんな中、先日、日経新聞にこんな記事がありました。

「生活保護を受けている母子家庭は、受けていない母子家庭より健康状態が悪い」
-------------------------------------------------------------------
長妻厚労相は、生活保護のあり方などを検討する研究会を立ち上げた。
会合では、母子家庭についての厚労省の初めての調査が報告された。
それによると、生活保護を受けている母子家庭の年間所得は平均約268万円。
生活保護を受けていない母子家庭の年間所得の平均(約236万円)より高いという。
しかし、母親の健康状態が「良くない」と答えた割合は53.6%で、生活保護を受けていない母子家庭の母親の16.8%に比べて高いことがわかった。

-------------------------------------------------------------------

コレを見て、役人って本当に馬鹿だなって思いました・・・


体が悪くて働けない人がより多額の保護を受けられるのが生活保護です。
その受給者に対し「体調は悪いですか?」とアンケートしたら「悪い」と答えるに決まってるじゃないですか。(^^;)


逆に日々精一杯で働いてる人にアンケートなんてしても、そんなくだらないアンケートに答える暇はないと思います。
働いていれば多少頭が痛いなんて当たり前。
毎日朝襲ってくる倦怠感に鞭打ってがんばっているんです。


このくだらないアンケートに基づき、今以上の保護が母子家庭には必要だと言っているようですが・・・
頭が悪いにもほどがある。
ヌクヌクの家庭で育った東大出のお坊ちゃんがやる事だと、つくづく思います。


私も小学校4年生〜高校卒業まで長らく母子家庭でした。
母親一人子一人。

母親が深夜、胃潰瘍で度々血を吐き救急車で運ばれて行くのを何度も見送りました。
それでも、毎日、居酒屋で煙りまみれで母が焼く「焼き鳥」の売り上げでここまで大きくなったんです。


仕事をして家事もして子育てもして、死ぬ気で子供を育てている母親より・・・
体調が悪いからと仕事もしないで、働いている家庭以上にお金を受け取れる制度なんて・・・
私は絶対に納得いきません。



本当に生活の保護を要する人なら、よいです。


でも、それがまかり通るなら「具合が悪い」と言って、誰も働きませんよ。


実際、日本国民は、働かずにドンドンと生活保護に流れていっている。

彼らの収入は、毎日身を粉にして一生懸命働いている私たちが払っている税金です。

働いている人間は、いつの間にかの「ねずみ小僧」ですよ。


こんな不平等・・・
私は、どんな説明を受けても、絶対に納得いきません。  


 

posted by はるお at 10:55 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

玉縄工事開始

玉縄2丁目分譲土地の工事が開始しました。

tama1.JPG

工事会社は、横浜の小雀建設(株)さん。
公共事業を主に展開している信頼の置ける土木業者です。

早速、バリケードを製作して、敷地内の樹木を伐採。
そして、根をシャベルカーで抜根。

あっという間に更地です。
tama2.JPG

これで、測量士が仮測量を行い仮杭を入れます。
それに基づいて、旧地下駐車場の解体を行っていきます。
tama3.JPG

本土地は、宅地造成規制区域内なので、申請が必要ないよう2mを超える切り土が出来ない
ように造成工事を行っていきます。

posted by はるお at 09:19 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

セブンイレブンで住民票!!!

昨日、セブンイレブンがとんでもない新規サービスを発表しました。

なんと、住民票及び印鑑証明書を全国のセブンイレブンで発行するサービスを、来年の2月から開始するとのこと!

現在あるコピー機を最新のマルチコピー機に変更し、住民基本台帳をかざすだけで住民票と印鑑証明書を発行でき、今まで市役所や行政センターでしか発行していなかったものを、なんと24時間コンビニで取得できることになります。
ちなみにこんな機械のようです。
cop.JPG
(富士ゼロックスさんから映像転載)


これは、画期的です。
まさに官から民への象徴的な業務移管となります。
これにより、市役所の窓口や出張所である各行政センターの役割は激減し、大幅な縮小の方向へ動いてゆきそう。

まずは、都心等の6店舗で開始し、来年の5月には1万2500店舗に採用する計画。

そして、今後は、市役所で発行されるさまざまな証明書をコンビニに移管していくとのこと。


不動産の取引には、住民票や印鑑証明書が何度も必要になります。

24時間、身近なコンビニで取得できるようになるんどえあれば、こんなに心強いことはありません。

あとは・・・
人と機械のやり取りになるので、不正利用が心配ですが・・・

それ以上に、メリットの方が断然大きいですね。


posted by はるお at 09:27 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

床鳴り張替え完了!!!

鎌倉山の床鳴りによる床及び床暖房の張替え、完了しました!!

kamakura32.JPG

スペーサーをサネに差し込んで、隙間を1.5mmほど開けながら、床材を張っていきます。
コレにより、床材同士が擦り合わさる音(いわゆる床鳴り)を防げます。
当初からスペーサー施工をすればよかったのですが・・・
チーク材自体、暴れる材料ではないので、隙間なくサネを打ち付けて敷いてしまったんですよね。

ほんの少しの施工の違いが、後々大事件に繋がる住宅・・・、慎重に慎重を重ねなければなりません。
痛恨に思う状況です。

壁際は、幅木が埋め込み収まりなので、取り外すことが出来ません。
なので、蚤で床材を削り差し込めるように施工。
kamakura45.JPG

そして、張り終え!!!
念には念を入れて、下地に合わせてサネ合わせ。
なので、継ぎ目が規則正しくなってしまいます。
kamakura35.JPG

張りなおした証拠として、色が違うのをご確認下さい。(TT)
kamakura36.JPG

チークオイルを塗って、完成です。

床暖房の試運転を行ってみましたが、大丈夫そう。
あとは、塗った後鳴り止んでいるかどうかが勝負。

しかし、床暖房、良いですね〜
足元が暖かいだけで、この広いリビングで暖房が全く要らないほどの暖房効果です。

吹き抜けの家には、床暖房が必須かもしれません。

posted by はるお at 17:08 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。